ガンバ大阪
  • Panasonic
  • ロート製薬(株)
  • umbro
  • (株)ダイセル
  • シップヘルスケアホールディングス(株)
  • 大建工業(株)
  • (株)東洋ゴム工業
  • (株)セブン-イレブン・ジャパン
  • スポーツオーソリティ

GAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITEGAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITE

ニュース

一つ前のニュース

2018.12.2[チーム]

2018明治安田J3 第34節●0-2 C大23@パナスタ

一つ後のニュース

今シーズン最終戦は、ホームで迎える大阪ダービー。「カテゴリーに関係ない。ガンバを背負って戦わないといけない」と試合前に實好監督も語っていたとおり、チームの状況に関わらず、両チーム共に勝利が求められる試合。G大23は前日にトップの試合に途中出場をした一美・中村がスタメンで出場。
最初に決定機を迎えたのはG大23。11分に左クロスを髙木がヘディングであわせるがシュートは枠に飛ばず。一方、18分には縦パスを通されシュートを打たれるがこれは枠外。そして少しずつG大23がボールを持ち試合を進めるように。34分には初瀬がFKを直接狙うも相手GKが防ぐと、40分にペナルティエリア内で間接FKを取られ、シュートを打たれるがDF陣が体を張って守る。44分には中盤でボールをカットし、中村に渡りシュートまで持ち込むがこれもGKに防がれる。すると前半のアディショナルタイムに失点をしてしまい、0-1で前半を終える。
後半に入り、同点に追いつきたいG大23だったが、50分市丸に2枚目のイエローカードが出て退場に。それでもゴールを狙うG大23は59分、井出から芝本へ交代。しかし61分には左クロスを逆サイドであわされて追加点を許し、さらに難しい展開へ。68分には中村から福田へ交代。70分CKから野田のヘディングシュートも惜しくも枠には飛ばず。78分、G大23は最後の選手交代として髙木から妹尾に。無理をして攻めることがなくなった相手にゴール前まで行くが、決定的な場面を作るまでにはいかない。10人になっても最後まであきらめず攻める姿勢を貫くが、ゴールは奪えずに0-2でタイムアップ。實好体制になり、ホームで6勝1分と無敗だったG大23だったがリーグ戦最終戦で黒星に。
今シーズンのガンバ大阪U-23チームは6位でリーグ戦を終了。J3リーグにU-23チームが3チーム参加して以来、最上位の順位で終えることとなった。