ガンバ大阪
  • Panasonic
  • ロート製薬(株)
  • umbro
  • (株)ダイセル
  • シップヘルスケアホールディングス(株)
  • 大建工業(株)
  • (株)東洋ゴム工業
  • (株)セブン-イレブン・ジャパン

GAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITEGAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITE

ニュース

一つ前のニュース

2019.4.4[チーム]

Powered by GAMBAplus

2019.4.6(土) 14:00~ 明治安田生命J1リーグ 第6節 ●0-3 広島@Eスタ
[プレビュー]倉田・遠藤が語るJ1第6節 vs 広島 ― 広島相手に問われるガンバの真価。粘り強くリーグ屈指の堅守をこじ開ける

一つ後のニュース

神戸に痛恨の逆転負けを喫したガンバ。本来の破壊力を見せ始めている攻撃とは対照的に、課題を残すのがリスクマネジメントのあり方だ。
「前節だけでなく、今季はずっと失点が多い」と宮本監督も認めるように、チームが本来目指す手堅い戦いを見せきれていないことが波に乗り切れない現状につながっている。
もっとも、前節はホームでウィジョとアデミウソンがアベックゴール。縦への鋭さだけでなく、崩しのバリエーションが増している攻撃の鋭さには遠藤も「迫力を持った攻めが出せている」と手応えを口にする。

攻撃のガンバ――。長年代名詞にしてきた攻撃陣の真価が問われるのが今節の広島戦だ。今季無敗で3位につける広島のストロングポイントはリーグ戦5試合でわずか1失点という堅守にある。守備時には9人でブロックを作り、運動量を生かしたスタイルには宮本監督も「全員で守備をし、チャンスをモノにする戦いを徹底しているから」と警戒感を口にする。
アウェイでは今季リーグ2戦2勝のガンバだが、広島撃破の鍵を握るのは試合の運び方になる。
「先に点を取られると難しくなる」(遠藤)。常に守備意識を持ちながら、鋭く広島ゴールをこじ開ける――。難度の高いミッションだが、やりきる力は今のガンバに備わっている。

MF7 遠藤保仁「攻撃に関してはJリーグでも1、2位を争う得点数を残せていますし、チャンスも多く作れている。どこからでも攻められる迫力は出てきています。ただ、現状は明らかに失点が多いので、広島戦ではもう少しバランスよく守る必要があると思っています。組織で守るだけでなく、1対1の対応でも負けないことは大前提になります。広島は失点が少ないので、先に点を取られてしまうとやっかいな相手です。もちろん、僕らが先に点を取るつもりですが、相手も引いて守ってくる可能性もありますし、慌てずにボールを動かしながらチャンスを作りたいですね。」

MF10 倉田秋「今季は相手のゴール前まで迫力を持って迫れるシーンは多いので、あとは守備を安定させる必要があると思っています。チーム全員がより、迫力を持ってゴールに迫ることを意識してプレーしているので、これは継続するつもりですが、リスク管理に関しては僕の役割でもありますし、広島相手にしっかりとバランスを保って、落ち着かせるプレーを見せたいですね。広島の守備は堅いですが、過度に相手を意識するのではなく、自分たちがどれだけいい形を作れるか。そうなれば僕らを止められるチームはないと思うので積極的に仕掛けるつもりです。」