ガンバ大阪
  • Panasonic
  • ロート製薬(株)
  • umbro
  • (株)ダイセル
  • シップヘルスケアホールディングス(株)
  • 大建工業(株)
  • (株)東洋ゴム工業
  • (株)セブン-イレブン・ジャパン

GAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITEGAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITE

ニュース

一つ前のニュース

2019.4.22[チーム]

Powered by GAMBAplus

2019.4.24(水) 19:00~ JリーグYBCルヴァンカップ 第4節 ○4-1 磐田@パナスタ
[プレビュー]高・米倉が語るルヴァンカップ グループステージ 第4節 vs 磐田 ― 勝てば首位浮上も見えてくる磐田戦。総力戦でアウェイの借りを返すのみ

一つ後のニュース

大分戦ではホームで勝ちきれなかったものの、リーグ戦での連敗をストップしたガンバ。中3日で迎えるのはルヴァンカップの磐田戦だ。
前節は倉田の退場による数的不利を全員でしのぎ、勝ち点1を持ち帰ったガンバだが「あの引き分けを意味あるものにするためには残るホームの2試合で勝たないとダメ」(高)。
グループステージの折り返し地点を終え、4チームが勝ち点3差にひしめき合う混戦のDグループ。現在2位のガンバにとって、磐田戦は敗れたアウェイの借りを返す格好のチャンスになる。

ルヴァンカップの松本山雅戦以来、ホームの公式戦で勝利を手にしていないガンバだが、今節の鍵を握るのは攻撃陣の奮起となる。
リーグ戦では16位の降格圏にいる磐田だが、守備に大崩れはなく、ルヴァンカップでも3試合で失点2。ここまではターンオーバーで3試合を戦っている磐田の堅い守りを打ち崩したい。
今節は倉田とアデミウソンがそれぞれ出場停止。J3で得点ランクのトップを走る食野ら若い力の台頭が不可欠になる磐田戦。ボランチの高も「アウェイも本来は負ける展開ではなかった。借りを返したい」と気合十分だ。
勝てば首位浮上の可能性もある磐田戦。文字通りの総力戦で勝ち点3を獲りに行く。

MF28 高宇洋「リーグ戦でもいまチームは勝利から遠ざかっていますし、ルヴァンカップの前節も引き分けているので磐田戦は大事な試合です。誰がピッチに立とうともガンバは勝利を求められるチームですが、勝てば磐田を抜いて首位に立てる可能性もある一戦です。勝利だけにこだわってプレーするつもりです。僕自身も3試合、公式戦から遠ざかっていますが、守備時にボールを奪うという自分の役割をもう一度頭の中で整理しましたし、磐田の守備は堅いので攻撃でもチームに貢献するつもりです。磐田にはもったいない失点でアウェイで負けていますし、今度はその借りを返すつもりです。」

DF14 米倉恒貴「今季まだホームでは1勝しかしていませんし、今のチーム状態が良くないことはわかっています。勝利を追求するのはもちろんですが、そのためにもピッチに立つ全員が気持ちを出して磐田戦では戦うつもりですし、僕自身も戦う姿勢でチームを引っ張りたい。チームに勢いをつける上で、一番効果があるのはホームで勝つことです。選手の立場や役割はそれぞれ異なりますけど、目指すのは勝利だけです。アウェイの磐田戦も負けるような内容ではありませんでしたが、僕らも攻撃では迫力を欠いていました。僕自身は攻撃でもチームに貢献するつもりです。」