GAMES

試合日程・結果

HOME
明治安田生命J1リーグ 第34節
2023.12.3(日) 14:00キックオフ
vs.ヴィッセル神戸
パナソニック スタジアム 吹田
ガンバ大阪
ヴィッセル神戸

2023.12.2[チーム]

[プレビュー]サポーターのために勝点3を。今季積み上げたサッカーで神戸に真っ向勝負を挑む

前節、広島には敗れたものの横浜FCが敗れたことで、J1残留が決定したガンバ。しかし、選手たちに満足感はこれっぽっちもない。
「ホッとはしていないし、納得していない。広島戦で自分たちの実力を感じさせられた」と倉田が表情を曇らせると、黒川も「残留は決まったけど、試合内容は良くなかった」と口にした。
今季、ポヤトス監督を新たに招き、単にボールを動かすだけでなく、スペースを作り出しながらゴールに迫る新たなスタイルを目指したガンバ。広島戦に敗れ、現在6連敗を喫しているのは事実だが「自分たちが連勝していて、良かった時のサッカーには自信を持っていいし、いい試合も多々あった」と黒川は指揮官とともに積み上げて来た今季の方向性に一定の手応えを口にする。

ガンバにとって、ホームで迎える神戸戦は、今季の総決算とすべき一戦。そして、チームを支え続けてくれたサポーターへの感謝を勝点3として表す重要な90分になる。
「最後、いい試合をしてサポーターを楽しませる試合にしようと選手に伝えた」と話すのはポヤトス監督だ。
広島戦や福岡戦などでは3バックも採用したガンバだが、最終節は「神戸に対しては、いつも通りの流れに戻したい」とポヤトス監督も今季のベースである4-3-3で真っ向勝負を挑むつもりだ。
「僕らが良かった時期は、守備でリズムが出ていた。可能な限り、高い位置で奪ってそこからポゼッションするのが理想」と山本は神戸戦で好調時にチームが見せていた形への原点回帰を意識する。
神戸は前線からのアグレッシブなプレスを軸に縦に速い攻めを繰り出してくるが、不用意なロストは禁物。ただ、ロングボールを前線に蹴り込むのが今季のガンバではないだけに「僕らがやってきたことを出したいし、失うものはないのでチャレンジするだけ」と攻守を司る山本も臆することなくボールを動かすつもりでいる。
つなぎに固執せず、好調時に見せたショートカウンターも織り交ぜながら、神戸の堅守をこじ開けたい。

一方、神戸は前節、クラブ史上初のリーグ制覇を成し遂げ、パナソニックスタジアム吹田に乗り込んでくる。
既にJ1優勝を決めているが、神戸も有終の美を飾るべくピッチに立つ上に、大迫の得点王を確定させるためにもガンバ相手に攻撃的に挑んでくるはずだ。22得点で得点ランクトップを走る大迫を封じることは言うまでもないが、10得点10アシストの武藤、さらには8アシストで攻撃を支える元ガンバの初瀬ら抑えるべきポイントは数多い。
「相手はプレッシャーもなく勢いを持って入ってくるのでそこに負けないようにしたい。立ち上がりは特に集中したい」(倉田)。
ポヤトスガンバが歩んできた道のりの正しさを、J1王者相手に示すことがサポーターへの感謝、そして来季の希望になるはずだ。

関連ニュース