ガンバ大阪
  • Panasonic
  • ロート製薬(株)
  • umbro
  • (株)ダイセル
  • シップヘルスケアホールディングス(株)
  • (株)東洋ゴム工業
  • 大建工業(株)
  • (株)セブン-イレブン・ジャパン
  • Sky(株)

GAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITEGAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITE

ニュース

一つ前のニュース

2020.10.17[チーム]

Powered by GAMBAplus

2020.10.18(日) 13:00~ 明治安田生命J3リーグ 第22節 △1-1 鳥取@チュスタ
[プレビュー]課題はアウェイでの勝ち切り方。唐山の不在を乗り越えて、鳥取から勝ち点3を掴み取る

一つ後のニュース

ガンバ大阪U-23の成長が止まらない。前節は、富山相手に森下監督が常々口にする「相手を圧倒する」サッカーを展開。今季初めて前半のうちに2得点をリードする理想的な戦いを披露した。
今季初先発の中村が技ありの一撃を見せれば、唐山も負けじとゴールをゲット。アカデミー育ちの「10代コンビ」の躍動で理想的な戦いを見せていた若きガンバだったが、後半早々にミス絡みで失点。一時は試合を振り出しに戻されたが、大崩れすることなく、試合の終盤にギアを上げられるのが今のチームの強みである。

唐山の決勝点で富山を突き放した一戦に「勝ちで終われたのは今後のリーグ戦にも価値がある勝利」と話すのはDFラインで攻守に存在感を見せている山口だ。
シーズン序盤と異なり、不用意な失点やセットプレーで脆さを見せる場面が減って来たガンバ大阪U-23。しかし今、若きガンバ戦士が抱える課題と向き合うことになるのが今回の鳥取戦となる。
「ここアウェイの3試合は相手を圧倒しているのに0-1で負けている。次は勝ちに持っていきたい」(森下監督)。富山、岩手、そして相模原戦と直近のアウェイ3試合はいずれも若きガンバが試合をコントロール。ボールを握る時間帯が多いにも関わらず、全て無得点での競り負けが続いている。
チーム最多の10得点で得点ランク3位タイと好調の唐山は前節受けた警告の影響で出場停止。しかし、指揮官も選手も若きエースの不在を過度には気にしていない。
「修平(川﨑)がトップに行った時、最初は困ったが今はそれもなくなった。誰が出ても自分たちのサッカーをしたい」と森下監督が言えば、山口も「翔自(唐山)がいないのは痛手だけどチームとしてやることは変わらない。やることさえ変えなければ誰でも点が取れる自信もある」と気合十分だ。
前線にはプレスのスイッチ役としても奮闘中の高木が攻守両面で存在感を見せており、中村も2試合連続のゴールを奪う準備はできている。

大崩れのない守備陣だが、ホームで1-3のスコアで敗れている鳥取はやはり難敵だ。現在7位だが直近の6試合は1勝5敗。過去、苦しめられて来た元ガンバのフェルナンジーニョは10日、全治3週間の負傷が発表されており欠場が濃厚だが、それでも要所に警戒すべき選手が揃っている。2試合連続でゴール中の田口や、U-20ワールドカップに出場した坂井ら個の力を持つアタッカーをチーム全体で封じたいが前節、Jリーグデビューを飾ったイ・ユノも「体の大きさを生かした1対1とかシュートストップが自分の持ち味」と臨戦体制を整えている。
ホームでは3連勝中のガンバ大阪U-23だが、唐山不在を乗り越えて、敵地でも強い姿を見せるのみだ。