ガンバ大阪
  • Panasonic
  • ロート製薬(株)
  • umbro
  • (株)ダイセル
  • シップヘルスケアホールディングス(株)
  • 大建工業(株)
  • (株)東洋ゴム工業
  • (株)セブン-イレブン・ジャパン

GAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITEGAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITE

ニュース

一つ前のニュース

2017.2.23[インフォメーション]

帝人フロンティア株式会社とのペットボトル「リサイクル活動」実施のお知らせ

一つ後のニュース

このたび、株式会社ガンバ大阪と帝人フロンティア株式会社が、「エコ活動パートナー契約」を締結し、2/26(日)J1リーグ開幕戦のヴァンフォーレ甲府戦から、ペットボトルのリサイクル活動の取組みを開始することをお知らせいたします。

この取り組みは、市立吹田サッカースタジアムでのJ1リーグホームゲーム開催時に回収されたペットボトルを、帝人フロンティアがポリエステル繊維にリサイクルするものです。その再生されたポリエステル繊維でリサイクルグッズの製品化を行い、ホームタウンやサポーターのみなさま、そしてパートナー各社との環境活動への取り組みに対する一体感を醸成いたします。
回収においては、これもエコ活動の一環として、ガンバ大阪プラチナパートナーである学校法人追手門学院大学の学生のみなさんが、2009年からボランティアで行っていただいております。

ガンバ大阪では、帝人フロンティアや追手門学院大学との取組みを通じて、より多くのみなさんにエコ活動やリサイクルの素晴らしさを知っていただき、リサイクルを身近なものと感じていただくことを目指します。スタジアムへご来場の皆さま、リサイクル・エコ活動へのご協力をよろしくお願いいたします!

なお、エコ活動パートナーによる取組み内容は以下のとおりです。

【 内容 】
1.市立吹田サッカースタジアムでのJ1リーグホームゲーム開催時に、追手門学院大学の学生ボランティアが、スタジアムに設置された「エコ!STATION」で使用済みのペットボトルを回収します。

2.学生ボランティアは、回収したペットボトルをキャップとボトルに分けます。

3.回収されたペットボトルは、帝人フロンティアが再生ポリエステル繊維にリサイクルします。

4.再生ポリエステル繊維をガンバ大阪のオリジナルリサイクルグッズとして製品化いたします。

【 開始日 】2/26(日)ヴァンフォーレ甲府戦

【回収見込み】年間約8トン(ペットボトル約30万本分) ※Tシャツにすると約3万枚相当


<帝人フロンティア株式会社 概要>
◆本社所在地   大阪市中央区南本町1丁目6番7号 帝人ビル
◆代表取締役社長 日光 信二
◆設立      2012年10月1日
◆資本金     20億 
◆株主      帝人株式会社100%
◆売上高     連結2,709億円