ガンバ大阪
  • Panasonic
  • ロート製薬(株)
  • umbro
  • (株)ダイセル
  • シップヘルスケアホールディングス(株)
  • 大建工業(株)
  • (株)東洋ゴム工業
  • (株)セブン-イレブン・ジャパン

GAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITEGAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITE

ニュース

一つ前のニュース

2019.7.11[チーム]

Powered by GAMBAplus

2019.7.13(土) 19:00~ 明治安田生命J1リーグ 第19節 ○1-0 清水@パナスタ
[プレビュー]三浦・アデミウソンが語るJ1第19節 vs 清水 ― ドウグラス封じが試合の鍵。相性のいい清水にホームで勝ちきりたい

一つ後のニュース

前節、リーグ戦では7試合ぶりの黒星を喫したガンバ。しかし、チームの歩む道が揺らぐことはない。
ホームで迎え撃つのは相性のいい清水だが、4対2で快勝した第2節当時とは指揮官もチーム状況も異なっているだけに宮本監督も「順位も近いし、相手には好調な2トップもいる」と警戒感を隠さない。
ガンバが復調してきたのと同様に清水も直近の7試合ではわずか1敗。広島時代から苦杯を嘗めさせられて来たドウグラスを封じるのが不可欠のミッションになることは、DFリーダーの三浦も自覚する。「ドウグラスや北川は要警戒。しっかりと抑えたい」(三浦)。
前節3失点した守備の立て直しは、最終ラインだけでなく、チーム全体で取り組む課題になる。

一方、勝ち切る上で不可欠な攻撃には好材料も揃っている。エースのウィジョはリーグ戦の清水戦では3試合連発中。「前節、3失点したのでまずはいい守備をしたいが、攻撃でも決定機を増やしたい」(宮本監督)。10試合連続失点中の清水に対して、付け込むチャンスは必ずある。ウィジョやアデミウソンら個の力で相手ゴールをこじ開けたい。
「連敗したら下位に下がるが、逆に連勝できれば上も目指せる」(倉田)。ガンバにとって仕切り直しの重要な一戦となる。

DF5 三浦弦太「6試合負けなしで来ていましたが、前節の敗戦で気持ちを切り替えないとダメですし、ここから連勝していくためにも清水戦は非常に大事な試合。僕にとっては古巣との対戦でもあるので、いい準備をして試合に臨むつもりですが、自分たちからボールを奪いに行ったり、球際の強さを出したりするガンバの守備をもう一度見せたいですね。清水は僕らと順位が近い相手ですし、なおかつ最近は調子がいい。ドウグラスや北川も抑える必要はありますが、強いFWとマッチアップするのは個人的に好きなので、楽しみながらもしっかりと封じるつもりです。」

FW9 アデミウソン「清水戦で必要なのは勝利だけです。前節はアウェイで黒星を喫しましたが、チームとしての流れは決して悪くありませんし、チームとしてやってきたことが揺らぐわけではありません。ただ、FC東京戦で先制した後に見せたミスは繰り返すわけにはいかないですし、清水は僕らと順位も近いところにいる相手なのでしっかりと勝ち切りたいと思います。個人的には先発だろうとベンチスタートだろうと、ゴールを奪うプレーやアシストなど、仲間を助ける役割をこなしたいと思っています。ホームのサポーターの前で負けは見せたくないし、勝利を届けたいですね。」