ガンバ大阪
  • Panasonic
  • ロート製薬(株)
  • umbro
  • (株)ダイセル
  • シップヘルスケアホールディングス(株)
  • 大建工業(株)
  • (株)東洋ゴム工業
  • (株)セブン-イレブン・ジャパン

GAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITEGAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITE

ニュース

一つ前のニュース

2019.8.10[チーム]

2019明治安田生命J3 第20節 ●1-2 北九州@ミクスタ

一つ後のニュース

今節は前節の八戸戦に続きアウェイでの試合となったG大23。対戦相手の北九州はシーズン序盤こそリーグ首位の時期もあったが、ここ最近5試合、勝利から遠ざかっている。デビュー戦から2試合連続ゴール中の唐山や中村仁郎を中心に新たな若い力がチームにフィットし始めたG大23としては、調子の上がらない北九州を叩き、第3節のパナスタでの敗戦のリベンジを果たしたい試合となった。

試合序盤、北九州にペースを握られたG大23だったが、8分に好調の唐山が、北九州の3人のDFをものともせず、強引に突破し、強烈なミドルシュートを放つが、惜しくもキーパーにセーブされる。
その後の9分、唐山がペナルティエリア内でボールを受け、一度失いかけるが、こぼれたところにいた塚元が冷静に流し込み先制ゴール!

唐山のミドルシュートから塚元の先制点までの一連の流れは北九州ゴールに迫ったG大23だったが、その後はまた北九州に押し込まれる展開に。
先制後から前半終了まで北九州に多くのシュートチャンスを許すが、DF陣の粘り強い守備、田尻の好セーブなどでG大23は何とか耐え凌いだ。

前半は北九州に押し込まれる時間が続いたG大23。それでもDFラインをズルズル下げることなくキャプテン松田を中心にコーチングをし、積極的にDFラインを上げようとする姿勢が見えた。

後半に入り、G大23のプレスは前半に比べ速くなったが、引き続き北九州のペースで試合が進む。
58分、ペナルティエリア内で北九州FWに上手く反転されシュートを打たれるがゴールのわずか右に逸れ、リードを維持するG大23。
その後も62分、63分にも北九州に決定機が訪れるが、いずれのシーンも田尻がスーパーセーブ!

70分、耐え凌いでいたG大23にチャンス。
ペナルティエリア内でボールをキープした唐山が芝本にパス。それをダイレクトで芝本が見事なミドルシュートを突き刺し、追加点かと思われたが、少し前のプレーのハンドを取られゴールは無効に。

その後の73分、田尻の再三の好セーブで何とか凌いでいたコーナーキックから遂に失点。
高い弾道のコーナーキックにヘディングで合わせられた

北九州の同点弾後、ミクスタが押せ押せムードになる中、G大23は北九州の猛攻に耐えきることが出来ず、勝ち越し点を許してしまう。86分、ペナルティエリア左からグラウンダーのシュートを打たれ、ネットを揺らされた。

このまま試合は1-2のスコアでタイムアップ。
非常に粘り強く守っていただけに、最低でも勝ち点1は持って帰りたい試合だった。