ガンバ大阪
  • Panasonic
  • ロート製薬(株)
  • umbro
  • (株)ダイセル
  • シップヘルスケアホールディングス(株)
  • (株)東洋ゴム工業
  • 大建工業(株)
  • (株)セブン-イレブン・ジャパン
  • Sky(株)

GAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITEGAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITE

ニュース

一つ前のニュース

2020.10.14[チーム]

2020明治安田生命J1 第22節 △1-1 横浜FM@パナスタ

一つ後のニュース

前節、FC東京とのアウェイゲームでは雨中の激闘を制し、19年ぶりとなる味スタでの勝利を挙げたガンバ。台風14号の影響でピッチには水が溜まる悪条件の中、宮本監督は本来のパスサッカーを封印し、勝利に徹する采配で上位を相手に見事に勝ちきり6連勝。鳥栖・FC東京とのアウェイ2連戦を終え、今節再びホーム・パナスタに戻り迎える相手は前年王者の横浜FM。川崎Fに次いでリーグ2位となる50得点を叩き出す攻撃的なチームに対して、ガンバもここ6試合で喫した失点はわずかに3。横浜FMの攻撃陣を抑え込み、前年王者に対し今季開幕戦の再現を狙うこの試合。宮本監督は前節からスタメンを1人変更し、小野瀬が3試合ぶりに先発に復帰。前節PKでゴールを奪ったアデミウソンとチーム得点王の渡邉がベンチに控える。

試合はキックオフから勢い良く入ったガンバが攻勢をかける。9分、パトリックが前線から素早いプレスをかけてCKを獲得すると、このCKをファーサイドで待ち構えた小野瀬が狙うが惜しくもこれはサイドネット。対する横浜FMは14分にジュニオール サントスが持ち上がりそのままシュートを放つがこれは大きく枠外へ。さらに17分、マルコス ジュ二オールのクロスを東口が右足でブロックしたところをジュニオール サントスに拾われる。ペナルティエリア内で個人技を見せるとDFを交わし左足でシュートを放つがこれはわずかにゴールポストの右へ。19分にはティーラトンに左サイドからクロスを入れられるとマルコス ジュニオールにヘディングシュートを許すがこのシュートは東口がファインセーブ。この日も東口がチームを助けるビッグセーブを見せる。20分、ティーラトンのパスから中央突破を許すと、ジュニオール サントスにゴール前至近距離でシュートを放たれる。このシュートにはキムヨングォンが追いつき後方からスライディングに入りブロック。さらにこぼれたボールをエリキに拾われるがこれも髙尾がブロックに入る。ギリギリの場面を作られるが最後の最後で身体を張り耐えるガンバ。キックオフから10分間はガンバがペースを握るものの、その後の10分間は横浜FMがペースを握り返しここで前半の飲水タイムへ。飲水タイム明け直後の24分、東口のフィードをパトリックが落とすと、これが宇佐美の足元に収まり一気にゴールに迫る。ドリブル突破から横浜FM・伊藤を交わすと逆サイドの対角を狙ったシュートを放つが、これは相手GK・梶川が右足一本でセーブ。決定的な場面だったが相手GKの好守に遭いゴールを奪うことができない。決定機を決められずにいると、直後の26分には横浜FMにチャンス。自陣で山本がボールを奪われると、そのまま横浜FMにショートカウンターを浴びる。エリキにDFを引き付けられパスを出されるとこれを走り込んでいたマルコス ジュニオールがシュート。一度は東口がブロックするものの、再び跳ね返りを蹴り込まれるとこれがキム ヨングォンに当たりゴールに吸い込まれる。不運なかたちで失点を喫し、5試合ぶりに先制を許す苦しい展開に。29分、マルコス ジュニオールの落としたボールからジュニオール サントスにシュートを打たれるが、これはゴール枠上へ。41分、反撃に出るガンバは右サイドの小野瀬からインナーラップした髙尾へスルーパスが出る。走り込んだ髙尾が角度のないところから強引に狙うが、このシュートは相手DFが触りサイドネットへ。このプレーで得たCKのチャンス、宇佐美のキックにパトリックが頭で合わせる。ドンピシャのヘディングシュートだったがこれも相手GK・梶川のファインセーブに遭い同点ゴールを奪うことができない。しかし、このまま前半終了かと思われた45分。井手口のミドルパスがゴール前に走り込んでいた宇佐美と横浜GK・梶川の間へ入るとこれを狙っていた宇佐美がわずかに先に触る。直後に梶川に倒されると村上主審の判定はペナルティ。前半終了間際に得たPKのチャンスに倒された宇佐美が自らセットすると、これを冷静にゴール左隅に流し込み1-1の同点に。先制点を奪われるが前半アディショナルタイムに追いついたガンバが1-1の同点で試合を折り返す。

両チームともハーフタイムには選手交代なく後半へ。宮本監督は「強度高くやれているから続けること」と前半のメンバーをそのまま後半のピッチに送り出す。52分、ガンバがCKのこぼれ球から井手口が狙うがシュートは枠の上へ。59分には細かくパスを繋ぎ相手ゴールに迫ると右サイドで相手の背後を取った髙尾がゴール前の山本へクロスを送る。これを山本がダイレクトで狙うが、相手DFに掻き出され勝ち越しゴールとはならず。その流れから一転して今度は横浜FMがロングカウンターで一気にガンバゴール前へ。パスを繋がれゴールに迫られると最後はエリキにミドルシュートを放たれるが、これはわずかにゴールの枠を逸れ失点は免れる。両チームともにハイプレスでボールを奪い一気に相手ゴールへと迫る場面の連続で、息を飲む展開が続く。一進一退の攻防の中、78分に両チーム同時にこの日初めてとなる選手交代を行う。ガンバはパトリックを下げ渡邉を、対する横浜FMはジュニオール サントスに代え前田がピッチに。両チーム前線にフレッシュな選手を投入し、勝ち越しゴールを狙い合う展開に。81分、横浜FMがCKを素早く始めると渡辺がミドルで狙うがこれは東口が反応し弾き出す。85分にはガンバがこの日2度目の選手交代で倉田と宇佐美を下げ矢島とアデミウソンがピッチに。ゲーム終盤の2枚替えでさらにギアを上げ積極的に勝点3を奪いに行く。89分にはゴール中央でボールを受けた福田が思いきりよくミドルで狙うが、このシュートもわずかにゴールマウスの上へ外れ勝ち越しゴールとはならない。14本のシュートを放ったガンバだったが、結局そのまま最後まで勝ち越し点は奪えず試合終了。ゲームは1-1の痛み分けに終わり、ガンバの連勝は6でストップ。先制される難しいゲームを追いつき、前年王者に対して貴重な勝点1を積み上げたものの、暫定順位は5位となり1つ順位を落とす結果となった。