ガンバ大阪
  • Panasonic
  • ロート製薬(株)
  • umbro
  • (株)ダイセル
  • シップヘルスケアホールディングス(株)
  • (株)東洋ゴム工業
  • (株)セブン-イレブン・ジャパン
  • Sky(株)
  • 吹田市

GAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITEGAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITE

ニュース

リリース日:~

一つ前のニュース

2021.5.27[チーム]

2021明治安田生命J1 第16節 ○2-1 徳島@パナスタ

一つ後のニュース

松波監督就任後2試合目となった前節ではキックオフ直後に許した失点が決勝点となりFC東京に勝点3を献上。これで4連敗となり苦境に立つガンバだが、再びホーム・パナスタで戦う今節で嫌な流れに終止符を打ちたい。昇格組の徳島とは昨年末の天皇杯準決勝以来の再戦となる。この試合、キム ヨングォンが今季初先発を果たしたガンバは3バックにシステムを変更。右WBには5試合ぶりの先発となる小野瀬が入り、FWには3試合ぶりの先発となるパトリックが名を連ねた。

試合序盤、ペースを握ったのは徳島。7分、垣田のスルーパスから走り込んで来た杉森にシュートを許すが、これは三浦がしっかりとブロックに入る。立ち上がりから徳島がボール支配率を高めると、ガンバゴール前に攻め込むシーンをつくられるが三浦、キム ヨングォン、昌子で組むDFラインがしっかりと身体を張った守備で得点は許さない。序盤の徳島の攻勢を凌いだガンバは27分、キム ヨングォンが敵陣をドリブルで持ち上がると中央の矢島へ。矢島からダイレクトパスが倉田へ入ると、右サイドの小野瀬へ展開し、小野瀬からグラウンダーのクロスがゴール前へ。ペナルティエリア中央で待ち構えたパトリックがこのクロスに右足で合わせると、シュートは徳島GK・上福元の手をかすめてゴールに吸い込まれる。パトリックの5試合ぶりとなるゴールで、欲しかった先制点を奪ったのはガンバ!勢いに乗るガンバは37分、矢島のゴール奪取から宇佐美がドリブルで運び徳島ゴール前へ攻め込むと、カットインからシュートを放つが、これはわずかに枠を逸れ追加点とはならず。39分、左サイドでボールを受けた塚元が思いきりよく右足を振るがシュートはGKの正面を突いてしまう。1-0とリードを保ったままハーフタイムを迎えると、松波監督は「守備はプレスバックをしっかり頑張る」と檄を飛ばし後半へ。

両チーム交代なく後半キックオフ。後半も立ち上がりは徳島がペースを掴む。54分、右サイドを崩されると、マイナスのクロスに走り込んだ垣田にフリーでシュートを放たれるが、このシュートは井手口がコースに入りブロック。57分、徳島・岸本に右サイドからゴール方向へ向かうクロスを放り込まれるが、東口がゴールライン上でセーブし、ゴールラインは割らせない。1点を追う徳島・ダニエル ポヤトス監督は62分、鈴木を下げバトッキオを投入。すると直後の65分、ガンバ・松波監督も矢島に代え奥野を投入し、中盤の選手をスイッチ。リードを保ちつつ追加点を狙いたいガンバだったが、66分に落とし穴が。徳島がガンバゴール前へ攻め込んで来ると宮代が垣田とワンツーでペナルティエリア内へ侵入。タックルに入った三浦が宮代を倒してしまいPKを与えてしまう。このPKの場面、キッカー・岩尾のキックが冷静に東口の逆へ流し込まれ1-1の同点に。同点に追いつかれたガンバだが下を向くことなく勝ち越しゴールを狙いに行くと、72分。右サイドから小野瀬のクロスは相手DFに跳ね返されるも、こぼれ球を拾い二次攻撃を展開。再びゴール前に上がったボールをパトリックが諦めずに競り合うと、こぼれ球に反応した宇佐美がペナルティエリア内から右足でダイレクトシュートを放つ。滑り込みながらボレーが見事にゴールネットを揺らし、ガンバが勝ち越しに成功。2-1と再び一歩前に出たガンバは79分、小野瀬と倉田を下げ髙尾と一美がピッチへ。徳島も80分、宮代に代え渡井、杉森に代え西谷を投入してくると最終盤の攻防へ。89分の徳島・バトッキオのシュートは枠外。リードを守りたいガンバは最後の交代カードを切り90分、パトリックに代えレアンドロ ペレイラを投入し、FW同士をスイッチ。アディショナルタイム5分も最後まで集中を切らさず守り抜き、試合終了のホイッスル。パトリックと宇佐美の両FWにゴールが生まれたガンバが2-1で徳島に競り勝ち、パナスタでの今季初勝利を掴んだ。