ガンバ大阪
  • Panasonic
  • ロート製薬(株)
  • umbro
  • (株)ダイセル
  • シップヘルスケアホールディングス(株)
  • (株)東洋ゴム工業
  • (株)セブン-イレブン・ジャパン
  • Sky(株)
  • 吹田市

GAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITEGAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITE

ニュース

リリース日:~

一つ前のニュース

2021.9.6[チーム]

[WE ARE GAMBA OSAKA 2021]DF24 黒川 圭介

一つ後のニュース

  • 特別指定選手としてルヴァンカップ・ジュビロ磐田戦でガンバデビュー
  • プロ1年目、J1リーグへの出場はわずか2試合、4分にとどまった
  • 苦しんだプロ1年目を経て、今季は以来コンスタントに出場を重ねる
  • 同じポジションを争うライバルを意識すればこそ、『結果』への拘りも強い
19年から、様々なシーンを通してガンバ大阪との『絆』を紹介してきた『WE ARE GAMBA OSAKA』。シリーズ3年目を迎えた今シーズンは、ガンバ大阪とのつながりを強くした『決断』『決意』の瞬間に触れ、今に至るまでの自身の変化や、心の動きをたどる。

 ガンバデビューは関西大学4回生だった19年。特別指定選手としてルヴァンカップ・ジュビロ磐田戦の舞台に立った。預かったのは左サイドバック。立ち上がりから果敢な仕掛けで攻撃を加速させると、試合終了間際に中村敬斗の4点目を『アシスト』し存在感を際立せた。

「ガンバで練習する時間も短い中、周りの選手とのコミュニケーションを密にとれている状況ではなかったですが、とにかく結果を残さなければいけない一心でした」

「残したい」ではなく、「残さなければいけない」の真意が、次の言葉で明らかになる。

「大学に進学した時点で、高卒でプロになった選手に比べると出遅れているという自覚はあったし、大学に在学中から1日でも早くプロの世界に関われるような選手になりたいと思っていました。実際、磐田戦には自分より若い選手がたくさん出場していたことを考えても、学生であることは何の言い訳にもならないと思っていました」

 だからこそ、プロキャリアのスタートにあたって明確な目標を描いた。
「1年目からJ1リーグで活躍する」
それが、この世界に生き残れる唯一の方法だと思っていたからだ。だが、現実は厳しく、黒川は昨年の夏以降、ほとんどの時間をガンバU-23の一員として過ごす。J1リーグへの出場はわずか2試合、4分にとどまった。

「トップチームでプレーしていた時期は正直、消極的なプレーに終始してしまっていることを自覚していました。武器にしてきた周りを使って突破するとか、積極的にボールを持ち運ぶプレーも全く出せていなかったし、試合に起用されなくても納得せざるを得ないパフォーマンスしか見せられていなかった。その状況を打ち破る上で、U-23でとにかく激しく厳しいトレーニングに打ち込みながら、仁志さん(森下/現ユース監督)に繰り返し、前に出ることや背後をとる意識づけをしてもらえたことは自分の武器を見つめ直す大事な時間になった。それによってJ3リーグでも積極的なプレーを選択できるようになったし、自信を取り戻すことができた」

 苦しんだプロ1年目を経て、特別な思いで臨んだのが今年4月のJ1リーグ・アビスパ福岡戦だ。シーズン前のキャンプから好調を維持していた黒川はJ1リーグ初先発のチャンスを掴む。待ち望んだ瞬間を前に『ここからが自分のスタート』だと覚悟を決めた。
「キャンプからアピールを続けてきた中で、チャンスをもらえるかも…と思っていた矢先にチームが活動休止になってしまって、正直『このタイミングか…』と少し落ち込みました。でも、活動休止明けにはすぐに試合があるとわかっていたので、とにかく、コンディションをしっかり高めて活動再開を迎えようと気持ちを切り替えた。その上でチャンスをもらった福岡戦は、特別指定選手として出場した磐田戦のようにフレッシュな気持ちで、『ここからが本当の自分のスタート』だと言い聞かせて臨みました」
 以来、コンスタントに試合に絡み続ける今も、その考えにブレはない。同じポジションを争うライバル、藤春廣輝の存在を意識すればこそ、『結果』への拘りも強い。
「ハルくんは長年このチームで戦ってきたすごく特徴のある選手。そのハルくんからポジションを奪うためにも、相手に向かってどんどん仕掛けて、味方を使って裏に飛び出して、自分のサイドで相手より優位に立つプレーを意識しながら、それを数字、チームの勝利に結び続けること。それによって絶対的な選手になっていきたい」
 まだ2年目ではなく、もう2年目。その自覚が黒川を前へ、前へと走らせている。


Interview and text by Misa Takamura

Back Number
DF19 キム ヨングォン
https://www.gamba-osaka.net/news/index/no/12726/

Back Number
GKコーチ 松代 直樹
https://www.gamba-osaka.net/news/index/no/12692/

DF13 菅沼 駿哉
https://www.gamba-osaka.net/news/index/no/12663/

監督 松波 正信
https://www.gamba-osaka.net/news/index/no/12608/

MF17 奥野 耕平
https://www.gamba-osaka.net/news/index/no/12526/

アカデミーストライカーコーチ 大黒 将志
https://www.gamba-osaka.net/news/index/no/12391/

FW18 パトリック
https://www.gamba-osaka.net/news/index/no/12341/

DF3 昌子 源
https://www.gamba-osaka.net/news/index/no/12331/

MF29 山本 悠樹
https://www.gamba-osaka.net/news/index/no/12264/

FW34 川﨑 修平
https://www.gamba-osaka.net/news/index/no/12224/

MF21 矢島 慎也
https://www.gamba-osaka.net/news/index/no/12148/

DF5 三浦 弦太
https://www.gamba-osaka.net/news/index/no/12106/