ガンバ大阪
  • Panasonic
  • ロート製薬(株)
  • umbro
  • (株)ダイセル
  • シップヘルスケアホールディングス(株)
  • (株)東洋ゴム工業
  • (株)セブン-イレブン・ジャパン
  • Sky(株)
  • 吹田市

GAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITEGAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITE

ニュース

リリース日:~

一つ前のニュース

2021.9.18[チーム]

2021明治安田生命J1 第29節 ●1-3 鹿島@カシマ

一つ後のニュース

前節、ホームで仙台に打ち合いの末に悔しい敗戦を喫したガンバ。リーグ戦はこれで3連敗となってしまったが、直近3試合で7失点と課題の守備面の立て直しを図り、残り10試合となった今季のリーグ戦終盤の戦いに臨む。仕切り直しとなる一戦はアウェイ・鹿島戦。「相手のボール奪取、切り替えてボールを奪いに来るところに臆することなく前を向いてプレーすることが大事」と山本が話すように、前線からの連動した守備とリスクを恐れず攻撃に向かえるかどうかが、この試合のポイントとなる。松波監督はこの試合で前節からスタメンを3人変更し、DF菅沼、MF矢島、山本を先発に起用。対する鹿島・相馬監督は前節から先発を4人変更。DF広瀬、町田、関川、MFファン アラーノが入る。台風14号の影響でカシマスタジアムには強い雨が降る中、試合は18:03にキックオフを迎えた。

6分、鹿島・上田がDFラインの背後に抜け出すがここは髙尾がカバーに入りスライディングでブロック。一方のガンバは17分。相手陣内でFKを得ると、山本のキックはクリアされるもこぼれ球に反応した井手口が思い切りよくミドルで狙う。鋭い弾道のシュートがゴール方向へ向かうが、これは惜しくも枠の右に逸れる。25分、三竿のボールを受けた和泉がヒールパスで荒木へ。荒木はスピードに乗ったドリブルでペナルティエリア内に進入すると、カットインして右足で巻いたシュートを放つ。しかし、このシュートは東口が難なくキャッチ。36分、ディエゴ ピトゥカのロングボールを上田が落とすと、反応した和泉が右足のミドルで狙ってくるが、アウトにかかったシュートは枠の右へ。42分、安西のパスを受けた上田がペナルティエリア内で足元に収めると、強さを生かしてボールをキープ。そもまま反転して振り向きざまにシュートを放たれるも、これはGKの前にカバーに入っていた井手口が身体に当ててコースを変えるとボールはわずかに枠の右へ。前半はホームの鹿島ペースで推移するものの、集中した守備で失点は許さずスコアレスで試合を折り返す。ハーフタイムに松波監督は「アグレッシブに守備から攻撃に出ていくことをもう一回全体で繰り返しやろう」と指示を送り、前半と同じ11人を後半のピッチへ送り出す。

依然として強い雨脚の中、後半がキックオフ。48分、自陣でボールを失うと、ファン アラーノのスルーパスに反応した和泉が抜け出し東口と1対1を迎えるが、ここは東口が抜群の間合いで対応し好セーブを見せる。ここまで鹿島の攻撃に耐えていたガンバだったが52分、ディエゴ ピトゥカに自陣からスピードに乗ったドリブルで運ばれると、左を併走し駆け上がってきた荒木へパスが出る。このパスに荒木が左足ダイレクトで放ったシュートは東口が一度はセーブするも、こぼれ球を上田に押し込まれ失点。この試合の先制点を鹿島に与えてしまう。勢いに乗る鹿島は60分、ガンバの左サイド深く攻め込むと、フリーになっていた広瀬がゴール前にクロスを送る。鋭いクロスボールに走り込んできたファン アラーノが頭で合わせると、このヘディングシュートがまたしてもゴールネットを揺らし鹿島が追加点を奪う。後半に入り立て続けに失点を喫し0-2と2点のビハインドを負う展開となったガンバ。一方、リードを2点に広げた鹿島は67分、荒木と和泉を下げ、土居と松村を投入。ガンバ・松波監督も70分、この日初めてのメンバーチェンジで髙尾、山本、パトリックに代え柳澤、宇佐美、チアゴ アウベスを投入する3枚替え。4バックにシステムを変え、まずは1点を奪いにいく。しかし鹿島の勢いを止められないガンバは73分、敵陣深くでボールを失うとここからカウンターを受ける。ハーフウェーライン付近でパスを受けた土居が一気に持ち上がり、そのままペナルティアーク内から左足でシュートを放つとこれが決まり0-3。3点を追いかける厳しい展開になるも、顔を上げてファイティングポーズを取るガンバは77分。藤春のパスを受けた途中出場のチアゴ アウベスがマークに付く関川に競り勝ちペナルティエリア内へ侵入。さらに関川を切り返しで交わしにかかると、エリア内で倒されPKを獲得。チアゴ アウベスがキッカーを務めると、自らこのPKを沈め1点を返す。ガンバが1-3と2点差に迫ると80分、鹿島はすぐさま上田とファン アラーノを下げ、エヴェラウドとアルトゥール カイキを、一方攻勢をかけたいガンバも井手口と矢島に代えチュ セジョンとウェリントン シウバを投入する。すると87分、ガンバは小野瀬がペナルティエリア左でボールを受けると、中央へ切れ込んで狙い澄ましたシュートを放つ。しかしこのシュートは惜しくも枠のわずかに右へ。後半アディショナルタイムに入ると、鹿島は安西を下げ永戸を投入。5人の交代カードを使い切り、逃げ切りを図る。その後も前線のチアゴ アウベスや宇佐美を起点に何とかチャンスに繋げたいガンバだったが、試合巧者・鹿島の前にそれ以上の反撃は繰り出せずに1-3で終了。雨中の戦いに敗れたガンバはこれで今季二度目の四連敗となった。