ガンバ大阪
  • Panasonic
  • ロート製薬(株)
  • umbro
  • (株)ダイセル
  • シップヘルスケアホールディングス(株)
  • 大建工業(株)
  • (株)東洋ゴム工業
  • (株)セブン-イレブン・ジャパン

GAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITEGAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITE

ニュース

一つ前のニュース

2019.7.8[チーム]

Powered by GAMBAplus

[ 連載 ]WE ARE GAMBA OSAKA(全20回予定)VOL10 MF倉田秋

一つ後のニュース

ジュニアユースからガンバ大阪アカデミーに所属し、その技術には高い評価を得てきた。アカデミーの後輩が「才能の塊。ずば抜けて巧かった」と絶賛するくらいに、だ。であればこそ、誰もがトップチームでも活躍できると信じていた。

だが、07年にトップチームに昇格してからの3年間は、苦しんだ。当時、ボランチを本職としていた倉田にとって遠藤保仁や橋本英郎、明神智和ら、ライバルの壁は高く、時にポジションをサイドハーフに移しても、目を引くような活躍はできなかった。

「当時は、ボランチに入った時はヤットさん(遠藤)やハシさん(橋本)のように、パスで動かして、サポートして、って思っていたけど、ある時、ふと考えたんです。果たして僕にはそういうプレーがあっているのか、って。で、『違うな』と(笑)。だからこそ自分の持ち味を生かした、新しいボランチ像を作らなければいけないと考えた」

その境地にたどり着いたのは、10年にジェフ千葉に期限付き移籍をしてからだ。当時の江尻篤彦監督によって3トップの左に据えられたことをきっかけに、自分の武器を再認識した倉田は、水を得た魚のように前線で躍動した。
「千葉も個々の能力は高かったけど、ガンバみたいにチームで共通意識を持って攻める、という感じではなくて。でもだからこそ、自分で何とかしようと考えるようになったし、フィジカル的にも鍛えられたことで、今の自分にも繋がる『走って、仕掛けて、点も狙うスタイル』が定着した。そう考えると、今の僕のプレーのベースは、ある意味、千葉とそのあとのセレッソ大阪時代に磨かれたもの。千葉でハードワークする体力や仕掛けを覚え、セレッソで攻撃のアイデアを豊かにすることができた」

そんな風に、期限付き移籍という経験をバネに『自分らしさ』にたどり着いた倉田だが、今になって思えば、最初の3年間への反省もあるそうだ。
「ガンバでの最初の3年って『本気でポジションを取れる』と思ってサッカーに向き合っていなかったと思うんです。『ピッチに立てばそこそこやれる』と思っていたのだって、周りの選手に活かされてこそ、だったのに、思いっきり自分の力を過信していた。そのことに、外に出て気づけたけど、今になって振り返ると、あの時、もっと本気でいろんなことに向き合っていたら自分の立ち位置も違っていたかもしれないと思う。このガンバで、簡単にレギュラーを取れる選手なんかいない。だからこそ、まずは自分が死に物狂いでやることから始めないと、チャンスなんか掴めない」

その思いは、今も忘れていない。30歳を過ぎ、コンスタントに試合に出場していても、危機感とはいつも隣り合わせだという。今はあの時のように、自分のことだけを考えることこそなくなったが。
「特に最近は若い選手がピッチに立つ機会が増えたせいか、自分の若い頃を思い出すんです。ミョウさん(明神)とボランチを組んだ時は『後ろのことは俺に任せておけ』って言ってもらってすごく楽になったな、とか。だから今度は僕がそう言える自分でいたい。今の若手は芯も強いし、自分もしっかり持っている。ノビノビとプレーできれば、きっと活躍できるはずだから。もっとも、ポジションは譲るつもりはないので、若手に負けないように、僕も死に物狂いですけど」



次回掲載予定日:2019/8/5
Interview and text by Misa Takamura

Back Number
VOL9 FW食野亮太郎
https://www.gamba-osaka.net/news/index/no/9667/

VOL8 アカデミー ヘッドオブコーチング 鴨川幸司
https://www.gamba-osaka.net/news/index/no/9564/

VOL7 DFキム ヨングォン
http://www.gamba-osaka.net/news/index/no/9486/

VOL6 スタジアムDJ 仙石幸一
http://www.gamba-osaka.net/news/index/no/9428/

VOL5 MF高宇洋
http://www.gamba-osaka.net/news/index/no/9363/

VOL4 GK東口順昭
http://www.gamba-osaka.net/news/index/no/9328/

VOL3 マネージャー 橋本篤
http://www.gamba-osaka.net/news/index/no/9248/

VOL2 DF藤春廣輝
http://www.gamba-osaka.net/news/index/no/9151/

VOL1 DF三浦弦太
http://www.gamba-osaka.net/news/index/no/9091/