ガンバ大阪
  • Panasonic
  • ロート製薬(株)
  • umbro
  • (株)ダイセル
  • シップヘルスケアホールディングス(株)
  • 大建工業(株)
  • (株)東洋ゴム工業
  • (株)セブン-イレブン・ジャパン

GAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITEGAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITE

ニュース

一つ前のニュース

2019.7.7[チーム]

2019明治安田生命J1 第18節 ●1-3 FC東京@味スタ

一つ後のニュース

前節ウィジョの待望のゴールを含む3か月ぶりの複数得点でリーグ戦連勝中のガンバ大阪。
リーグ後半戦1発目となる今節は、敵地で首位・FC東京との一戦を迎えた。

その試合のスタメンには三浦がJ1通算100試合目の出場を果たし、今節のFWはアデミウソンとウィジョの組み合わせで臨んだ。

試合は雨が激しく降りしきる中スタート。ボールが所々止まるピッチ状況の中、立ち上がりからガンバがボールを握る。

すると5分。中央の矢島から、右サイドで相手DF背後へ動き出した小野瀬へアーリークロス気味のパスが配球され、それを受けた小野瀬が落ち着いてトラップから左足を振り抜くとゴールを揺らし幸先よく先制する。

一方FC東京はピッチコンディションもあり、大きくボールを蹴り出したサイドチェンジやクロスボールが多い印象。ガンバはDF陣が対応しクリアするも、そのボールは転がらずセカンドボールを拾われ、押し込まれる苦しい時間が続く。

そんな中少ないチャンスを活かしたいガンバは34分。髙尾がペナルティエリア内右で相手DFを振り切り中央へクロスを送ると、それにウィジョがニアサイドで合わせるが、惜しくもボールは枠外でここは追加点を挙げることはできない。

すると迎えた37分。左サイド深くを突破されると、中央への折り返しのこぼれ球を永井に合わせられ同点に追いつかれ、直後の40分にも再び永井に、左サイドからのアーリークロスに頭で合わせられ逆転を許し1-2で試合を折り返す。

後半ゴールが必要となるガンバは、開始から髙江に代えて遠藤を投入。

51分には、ペナルティエリアやや外左でFKを獲得し、代わった遠藤が蹴ったボールにゴール前でウィジョが合わせネットを揺らすが、これは惜しくもオフサイドに。

その後はブロックを敷きカウンターを狙うFC東京に対して、遠藤を中心に相手陣内でのポゼッションを高めていくガンバだったが、60分。右サイドをFC東京に崩されると、中央への折り返しをFC東京・ディエゴ オリヴェイラに決められ痛恨の追加点を許す。

直後の66分には、ゴール前のクロスボールを収めてアデミウソン、ウィジョが立て続けにシュートを打つが、相手GKの好守に阻まれビッグチャンスを逸すると、69分には小野瀬に代えて福田を投入し、73分には矢島に代えて食野を投入するとその食野からチャンスが生まれる。
DFと中盤の間でボールを受けて前を向き相手陣内に仕掛けると、福田、食野、髙尾がテンポよくパスを繋ぎペナルティエリアまで侵入するが、シュートまで至ることはできずそのまま1-3で試合終了。リーグ戦7試合ぶりの敗戦となった。