ガンバ大阪
  • Panasonic
  • ロート製薬(株)
  • umbro
  • (株)ダイセル
  • シップヘルスケアホールディングス(株)
  • 大建工業(株)
  • (株)東洋ゴム工業
  • (株)セブン-イレブン・ジャパン

GAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITEGAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITE

ニュース

一つ前のニュース

2019.10.14[チーム]

Powered by GAMBAplus

[ 連載 ]WE ARE GAMBA OSAKA(全20回予定)VOL15 GK田尻健

一つ後のニュース

田尻にとって、プロサッカー人生の分岐点になった試合がある。

トップチームでのデビュー戦となった、17年3月のJ1リーグ4節、浦和レッズ戦だ。先発していたGK藤ケ谷陽介(現アカデミーGKコーチ)の負傷を受け急遽、満員のパナソニックスタジアム吹田のピッチに立った。
「短い時間でしたが、あの試合で本当にいろんなことを感じたし『こういう雰囲気の中で、もっとたくさん試合をしたい』と思ったことが、3か月後、J2リーグ・ツエーゲン金沢への期限付き移籍の決断にもつながりました。加えて、その金沢では、2シーズン目となった昨シーズンの開幕から9試合、コンスタントに試合に起用してもらいましたが、出場し続けなければ見えてこないこと、得られない成長は必ずあると思ったし、改めて『1試合』の重さを実感しました」

ガンバのエンブレムがついたジャージに袖を通したのは小学生の時。地元・箕面市のTSK粟生SCに所属しながら週1回、ガンバのスクールに通い始めた。当時はフィールドプレーヤーだったが、小学6年生時に参加した豊能地区のトレセンがきっかけとなり、ガンバジュニアユースのセレクションにはGKとして参加した。
「セレクションを受けるにあたってチームのコーチから『健は体も大きいしGKで受けた方が合格する可能性が高いんじゃないか』と言われて、『そうします!』と。仮にGKとしてうまくいかなくてもフィールドに戻ればいい、くらいに考えていました」

彼が小学6年生だった 05年といえば、ガンバがJリーグで初優勝を飾った年。その少し前から着実に、強さを増していくガンバの姿は眩しく、その一員になることが最優先だった。

結果的にGKとして成長し、09年にはユースチームに、12年にはトップチームに昇格したが、その過程において『プロ』を確信した瞬間は一度もなかったと笑う。
「僕はサテライトの練習試合などに借り出されたことが一度もなかったので、大学進学も考えて、大学の練習会に参加したりもしていたんです。なので、昇格できると聞いた時は、めちゃめちゃ嬉しかった。大学に行く選択も考えないわけではなかったけど『大学に行っても4年後に再びチャンスがくるかわからない。今、目の前にチャンスがあるのに自分から手放したくない』と思いました」

その決断から5年を過ぎた中で実現したのが冒頭に書いたデビューだ。ホームスタジアムで応援される幸せに心が震え、ガンバを勝利に導く責任の大きさに覚悟を強くした。
「金沢に行って最初の1か月くらいは、ガンバのエンブレムが胸にないことにずっとソワソワしていたし、逆に戻ってきた今はめちゃめちゃ落ち着きます(笑)。1年半、留守にしていましたけど、やっぱりここは自分の家なんだと思います。ただ、今のままの自分では『ガンバを強くしたい』とは言えません。試合に出て、勝ちに貢献して、その数を増やしていくことで、初めてそれを口にしていいはずだから。だからこそ今は、試合に出続けられる自分になるために、まずは自分を磨くことに全てを注いでいます。いつか、胸を張ってガンバを勝たせる、と言うために」

その時にはきっと小学生の頃から育まれたガンバ愛が大きな後ろ盾になるはずだ。あの浦和戦のように。


次回掲載予定日:2019/11/18
Interview and text by Misa Takamura

Back Number
VOL14 MF福田湧矢
https://www.gamba-osaka.net/news/index/no/10253/

VOL13 コーチ/U-23監督 森下仁志
https://www.gamba-osaka.net/news/index/no/10164/

VOL12 ホームタウン推進担当 主任 河合直輝
https://www.gamba-osaka.net/news/index/no/10006

VOL11 FW宇佐美貴史
https://www.gamba-osaka.net/news/index/no/9935/

VOL10 MF倉田秋
https://www.gamba-osaka.net/news/index/no/9783/

VOL9 FW食野亮太郎
https://www.gamba-osaka.net/news/index/no/9667/

VOL8 アカデミー ヘッドオブコーチング 鴨川幸司
https://www.gamba-osaka.net/news/index/no/9564/

VOL7 DFキム ヨングォン
http://www.gamba-osaka.net/news/index/no/9486/

VOL6 スタジアムDJ 仙石幸一
http://www.gamba-osaka.net/news/index/no/9428/

VOL5 MF高宇洋
http://www.gamba-osaka.net/news/index/no/9363/

VOL4 GK東口順昭
http://www.gamba-osaka.net/news/index/no/9328/

VOL3 マネージャー 橋本篤
http://www.gamba-osaka.net/news/index/no/9248/

VOL2 DF藤春廣輝
http://www.gamba-osaka.net/news/index/no/9151/

VOL1 DF三浦弦太
http://www.gamba-osaka.net/news/index/no/9091/