ガンバ大阪
  • Panasonic
  • ロート製薬(株)
  • umbro
  • (株)ダイセル
  • シップヘルスケアホールディングス(株)
  • 大建工業(株)
  • (株)東洋ゴム工業
  • (株)セブン-イレブン・ジャパン

GAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITEGAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITE

ニュース

一つ前のニュース

2019.11.1[パートナー]

JAグループ大阪×ガンバ大阪アカデミー(ユース)稲刈り体験 実施報告

一つ後のニュース

ブロンズパートナー「JAグループ大阪」様による稲刈り体験に、アカデミーのユース選手とチームスタッフが参加いたしました。

この活動は、ガンバ大阪のアカデミー寮「青翔寮」へ、年間9トンの大阪産米をJAグループ大阪様から提供いただいており、自分たちが食べる大阪産米が出来るまでを体験し、身体作りのもととなる食への関心・興味を高めることを目的に昨年から実施しております。

6月21日に自分たちが田植えをした茨木市安威の田圃での収穫体験。
台風や大雨の影響で生育が心配でしたが、見事に実り、体験当日も好天に恵まれました。

ユース選手41名とチームスタッフ6名が参加し、稲刈りの説明を受けスタート。
「稲刈り役」と「後送役」の二人一組になり、鎌で刈った稲束を後送役がコンバインまで運びます。
一つの稲から取れるお米の粒は、約70粒(お茶碗一杯は約3,000粒)。一粒も無駄にしないよう丁寧に作業し、5畝(500㎡)の広さ、約200kgのお米を1時間30分程で収穫しました。

収穫後は田んぼでお弁当を食べ、最後に塚元主将から「感謝の気持ちをもって、お米をたくさん食べて、日々がんばります。6月の田植えと本日の稲刈り、貴重な体験をさせていただき、ありがとうございました!」と、お世話になった皆さまへお礼の挨拶をさせて頂きました。

今回収穫したお米は、アカデミー寮で自分たちが食べる分と、11/23仙台戦の秋獲祭イベントで活用する予定です。

このような貴重な機会を頂いたJA茨木市様、誠にありがとうございました!
JAグループ大阪とガンバ大阪は、今後も大阪農業の活性に繋がる活動を行ってまいります。