ガンバ大阪
  • Panasonic
  • ロート製薬(株)
  • umbro
  • (株)ダイセル
  • シップヘルスケアホールディングス(株)
  • 大建工業(株)
  • (株)東洋ゴム工業
  • (株)セブン-イレブン・ジャパン

GAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITEGAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITE

ニュース

一つ前のニュース

2019.11.1[チーム]

Powered by GAMBAplus

2019.11.3(日 祝) 16:00~ 明治安田生命J1リーグ 第30節 ○3-0 湘南@BMWス
[プレビュー]小野瀬・東口が語るJ1第30節 vs 湘南 ―勝ち点3だけを目指す湘南戦。勝って残留争いで優位に立つ

一つ後のニュース

川崎戦から2週間のインターバルを挟んで挑む湘南戦。「絶対に勝たないといけない試合」と選手の誰もが口を揃える一戦は残留争いで優位に立つためにも勝ち点3が不可欠な一戦だ。暫定ながら10位に後退したガンバに対して、湘南は16位。しかし勝ち点差はわずか4という僅差だけに、湘南も死に物狂いでこの一戦に挑んでくるはずだ。

宮本体制下では湘南に対していずれも1対0の僅差で連勝中だが、やはり侮れないのは湘南のハードワークをベースにしたサッカーだ。
現在4連敗中ではあるものの、前節就任した浮嶋監督のもとチームの狙いを体現し始めている湘南に対し、宮本監督は「相手の出方を意識するよりも、自分たちのやりたいことを出す」とあくまでもガンバの目指す方向性を前面に押し出す考えだ。

そんなガンバの追い風になるのが、川崎戦ではメンバー外だった宇佐美とアデミウソンの存在。湘南は4連敗中に喫した失点が計16。ガンバが付け込む隙は必ずあるはずだ。宇佐美も「自分が残り5試合、点に絡む仕事をする」と攻撃陣を牽引する姿勢を見せる。
カウンターに鋭さをみせる湘南に対して、アウェイでも受け身にならずガンバの強みを押し出すのみ。攻める姿勢の先に勝ち点3が待っている。

MF8 小野瀬康介「湘南は勝ち点差も近いので勝てば勝ち点3以上の重みがある試合です。アウェイですけど、勝利すれば順位的にも楽になるのでまずは勝ちを狙いに行きたいですね。僕自身は今やれているパフォーマンスを継続するだけですが、ちょっと得点から遠ざかっているのでウイングバックで出た場合でもゴールという結果は残すつもりです。湘南は監督が変わって、彼らの良さをもう一度出そうとしてくるでしょうけど、走り負けないとか球際で勝てれば、自ずと僕らがボールを支配する展開になると思っています。個人的にはサイドの攻防で目の前の相手に負けないつもりです。」

GK1 東口順昭「次の湘南戦は残留争いの中での直接対決になるだけに、相手も僕たちと同じように強い気持ちで向かって来るでしょうが、本当に大事な試合なので入りからしっかりと戦いたいと思います。湘南はクロスによる攻撃が多いですが、従来の彼らのスタイルも含めて把握しているので、気をつけながら守備をしたいですし、特に相手のクロスに対しては僕が全て対応するぐらいの気持ちでプレーすれば、最終ラインもより守りやすくなると思っています。もう勝ち点3という結果だけを求めてやるしかありませんし、その準備はできているので湘南戦も頑張るだけです。」