ガンバ大阪
  • Panasonic
  • ロート製薬(株)
  • umbro
  • (株)ダイセル
  • シップヘルスケアホールディングス(株)
  • 大建工業(株)
  • (株)東洋ゴム工業
  • (株)セブン-イレブン・ジャパン

GAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITEGAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITE

ニュース

一つ前のニュース

2019.11.3[チーム]

2019明治安田生命J1 第30節 ○3-0 湘南@BMWス

一つ後のニュース

2019シーズンのJリーグも残すところラスト5試合。
倉田の捨て身の同点ゴールで勝点1を獲得した川崎戦から2週間のインターバルを挟み迎えた第30節は、アウェイで同じく残留を争う湘南と対戦した。
湘南は試合前時点で16位とプレーオフ出場圏内だが、11位のガンバとは勝ち点わずかに4差。
試合の結果によってはガンバも降格がチラつくだけに、決して落とすことの許されない一戦となった。

試合は立ち上がりから攻勢を強めるガンバ。
3分にはアデミウソンがエリア内でポスト直撃のシュートを放つと、この日インサイドハーフで起用された矢島も積極的な攻め上がりを見せシュートを放つ。
すると10分。ガンバはCKを得ると、ゴール前に送られたボールのこぼれ球に小野瀬が合わせ、これがゴール左隅に決まり先制!まずは幸先よく試合の主導権を握る。

しかし先制後のガンバは湘南のロングボールを軸にした攻撃に対して、セカンドボールを収めることができずにボールを握られる時間が続き、20分、22分には立て続けにシュートを許すなど立ち上がりから一転、試合は湘南ペースに。
35分にはDFライン背後に抜け出した湘南・菊地にゴール前でGKとの1対1の場面を許すピンチがあるものの、ここは東口が冷静な対応を見せてゴールを守る。

だが迎えた45分+1。宇佐美が遠藤とのパス交換からペナルティエリアに侵入すると、最後は右足を振り抜いてゴール!
前半終了間際に貴重な追加点を挙げて、2-0で試合を折り返す。

次の1点がどちらに入るかで大きく試合の展開を左右するであろう展開の中始まった後半は、開始早々にまたしても宇佐美が大仕事をやってのけた。
50分。藤春のクリアボールを相手陣内で宇佐美が収めると、そのままドリブルで駆けあがりエリア内で左足を振り抜きゴール!
この日2点目となる得点を良い時間帯にゴールに沈め、湘南を突き放す。

その後もアンカーの遠藤、左インサイドハーフの矢島がポジションを入れ替えながらショートパスを繋いでリズムを作り試合を進めていくガンバは、交代で投入された渡邉、パトリックにもシュートチャンスが生まれゴールを狙いに行くなど、最後まで攻撃の手を緩めることは無く、一方守備ではセットプレーなどからピンチを招く場面もあるものの、東口が要所を締めるセーブを見せたりと、湘南にゴールを許さないまま3-0で試合終了。

先制、中押し、ダメ押しを欲しい時間に奪ったガンバが、残留に向けて大きな白星を勝ち取り勝点3を積み上げ、順位を9位まで上げた。