ガンバ大阪
  • Panasonic
  • ロート製薬(株)
  • umbro
  • (株)ダイセル
  • シップヘルスケアホールディングス(株)
  • (株)東洋ゴム工業
  • 大建工業(株)
  • (株)セブン-イレブン・ジャパン
  • Sky(株)

GAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITEGAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITE

ニュース

一つ前のニュース

2020.5.25[チーム]

練習再開初日

一つ後のニュース

新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため、トップチーム及びU-23チームの活動を休止しておりましたが、本日5/25(月)よりトップチーム及びU-23チームのトレーニングを再開いたしました。
トレーニング後に倉田選手・三浦選手・宇佐美選手・宮本監督がメディア対応を致しましたので、そのコメントを一部紹介させていただきます。


Q「約2か月ぶりのチームでの練習の感想は?」
倉田選手「約2か月ぶりだったので楽しかったです。改めてサッカーが楽しいなと感じました。」
Q「芝生の上に立った時や、チームメイトと顔を合わせた時の感情は?」
倉田選手「顔を合わせたのが久々だったので、みんな髪が伸びていたり、変わっているところをイジりあったりして、何気ない日常が楽しかったです。」
Q「今日はどんな練習をしましたか?」
倉田選手「対人や密着することなく、体幹トレーニングやパスの練習をしました。」
Q「この2か月どのように過ごしていた?」
倉田選手「自宅にランニングマシンや筋トレの器具はある程度揃っているので、家でずっとトレーニングはしていました。」
Q「久々に屋外でチーム練習でしたが、この期間長く練習ができなかったことで何か影響する部分やしっくりこない部分はありましたか?」
倉田選手「今シーズンに向けて一回キャンプから作ったコンディションが落ちてしまったので、その不安は多少あります。」
Q「Jリーグ再開を待ち望んでいるファン・サポーターへメッセージをお願いします」
倉田選手「毎試合たくさんの方が応援してくれることが僕の生きがいだったので、それがなくなってショックでしたが、また楽しい試合を見せられるように個人の身体もチームとしても仕上げて行きますので楽しみに待っていてください。」

Q「約2か月ぶりのチーム練習でしたが、感じたことは?」
三浦選手「グループ分けしての練習なので、全員の顔を見られていないですが、今日一緒に練習できたメンバーの顔を久々に見て、ピッチの上で練習できて気持ちよかったですし、今まで当たり前でしたがサッカーできることの有難みを改めて感じました。」
Q「今日、久々にトレーニングをして、これまでと違う感覚だったり影響があると感じたところはありますか?」
三浦選手「フィジカル的な部分は試合をしていた頃に比べると落ちているなと感じましたし、ボールも一人で触ることしかできていなかったので、ボールタッチの部分だったり、いろんなところで少なからず影響があるかなと思います。」
Q「この期間、実家で過ごされたということですが、この期間で新たに気づいた事や新鮮に感じた部分はありますか?」
三浦選手「普段あまり実家に帰れていないので、中学校の時以来ですかね、家族とふれあえる時間が長く取れたことは良かった。普通にサッカーができて、外食できてという当たり前の生活ができないことがこんなに大変なのかと感じました。今は少しずつ回復に向かっているし、とにかくサッカーをやりたくてウズウズしていたので、喜びを感じることができました。」
Q「感染防止として個人で意識していることは?」
三浦選手「ピッチ上では思い切ってプレーしたいと思いますが、それ以外の部分では選手同士でも近い距離で話さないようにしたり、触れ合わないようにすること、食事もテイクアウトや自炊をするようにして油断することなく気を付けていきたいと思います。」
Q「ファン・サポーターへ今、伝えたいことは?」
三浦選手「しばらく試合も練習もなく、サポーターの皆さんはただでさえ外出もできない中で、僕らの活動を見てもらえないストレスもあったと思いますが、これから再開に向けて僕らも一生懸命練習していきますし、練習が公開でやれるようになればみなさんの顔を見るのも楽しみです。まだまだこういう時だからこそ、ネット配信やSNSを通じてできることもあるので引き続きそういったこともできればと思います。」

Q「約2か月ぶりのチームメイトとの練習でしたが、感想をお聞かせください。」
宇佐美選手「さすがに2ヶ月会わないこともないので懐かしさもありましたし、意外と久しぶりに会えて久しぶりにボールを蹴れたことに対して、浸る感じもなく、意外とサバサバと練習をした感じです。」
Q「SNSで発信したり、選手同士でコミュニケーションをとられているのを拝見しましたが、顔を合わせたりすると違ったことはありましたか?」
宇佐美選手「そういう発信に付き合ってくれたメンバーとは、そんなに久しぶりな感じがしなかった。オンライン上でもつながるのは大事だと改めて思った。そうじゃないメンバーとは会うのも2か月ぶりで話すのもすごい久しぶりでしたし、はずかしかったですね。目を見て話をするのが。」
Q「誰かとこんなコミュニケーションをとったとかありますか?」
宇佐美選手「一番最初グラウンドに上がって、監督といつもは握手から始まりますが、すっかり(握手ができないことを)忘れていて挨拶をしようと握手をするために歩いて近づいたときに、今握手できないからと普通に言われて、寂しい気持ちになったのと、ボールを2か月ぶりに触るメンバーが結構いたんで、そういう選手は全然足元にボールがついていないし、そこをいじったりとか、それくらいかな。中身の濃い会話はしていないですし、近況報告もあまりしあったりという感じではなかった。みんな照れくささとかはあったんじゃないかなと、久しぶりすぎて。」
Q「ご自身のことをお聞かせください。今のコンディションはいかがですか。」
宇佐美選手「コンディションは自信あります。2ヶ月空いている間も基本的には一人でメニューを組んでみっちりやってきましたし、もちろん試合、実践が入ってきて人が入ってきた中でやる体力であったり、そういう筋力的な部分は少し不安はありますが、それ以外のボールタッチの感覚であったりとか、走りとか心肺機能とか、走ることの下半身の筋力であったりとかは全く問題ないので、状態としてはチームの上位にいると思います。自身はあります。」
Q「その中で、この自粛期間で新たに気付いたこととかプラスにできたこととかありますか?」
宇佐美選手「サッカーが好きなんだなと思いましたし、チームメイトと毎日顔を合わせて、毎日サッカーをするという生活をすることが何より自分にとっては必要な時間だと改めて痛感しましたし、メンバーにもスタッフにもたくさんのことに恵まれてサッカーをしているということを感じました。」
Q「再開を待ちわびているサポーターへ一言お願いします。」
宇佐美選手「長らく我慢の時期が続いたと思いますし、毎週末、魂を燃やせる場所が帰ってきたら、熱量を僕らに発してほしいですし、皆様から戻った熱量をプレーで返せるように、相乗効果でパナスタを熱量で覆いつくせるようにやっていきましょう。」

Q「約2か月ぶりのチーム練習でしたが、雰囲気だったり感想を教えてください。」
宮本監督「グループ練習だったので、10人、11人くらいでしたけれど、選手の表情も明るく、コンディション的にもみんながしっかり自主トレしてきたところも見られて、スムーズな練習ができたと思います。」
Q「選手時代もこういう機会はなかったと思いますが、選手の顔を見て実際どうでしたか。」
宮本監督「本当に久しぶりに我々の日常が戻ってきた、完ぺきではないですけれど、芝生の上に立って、一緒に自分たちのサッカーをよりよくしていこう、そういう時間を共有できたことを久しぶりに感じてうれしく思いました。」
Q「ここからチーム再構築だと思いますが、どのようにチームを作っていきたいと思いますか。」
宮本監督「春先に自分たちがトライしてきたことをもう一度ピッチ上で表現することをやっていきたいですし、そのためのトレーニングをしたい。これから夏場にかけて連戦になってくるので、そういったときにどういうサッカーをして相手を上回っていくかを考えながら準備をしたい。」
Q「外出自粛期間をどのように過ごしていましたか。」
宮本監督「普段できない料理なんかもしてみたり、読書もしたり、片づけたいと思ってできなかった家の中の片づけをしたり、もちろんサッカーの映像も見たりしていました。」
Q「改めてこの期間で得たことはありますか。」
宮本監督「本や映像からの学びはありましたし、Webのセミナーものぞいたりして、こういうこともあるのかと。2ヶ月近くそういう時間があったので、いろいろなことを考えることが多かったです。」
Q「再開を待ちわびているサポーターに一言お願いします。」
宮本監督「我々も思う存分ピッチでサッカーを見せたいと思っていますし、なおかつ勝つということをたくさんの人にお見せしたいと思います。そこに本来ならばいるはずであろうお客さんの存在がしばらくの間ないかもしれないというところにはやはり寂しさを感じますし、早くそういった日常が戻ってきてほしいと思いながらプレーをすると思うんですけれど、まずは何より皆さんに良い結果を届けられるようなサッカーをしたいと思います。」