ガンバ大阪
  • Panasonic
  • ロート製薬(株)
  • umbro
  • (株)ダイセル
  • シップヘルスケアホールディングス(株)
  • (株)東洋ゴム工業
  • 大建工業(株)
  • (株)セブン-イレブン・ジャパン
  • Sky(株)

GAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITEGAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITE

ニュース

一つ前のニュース

2020.7.12[チーム]

2020明治安田生命J1 第4節 ○2-1 清水@アイスタ

一つ後のニュース

J1再開後、三連戦の最後を締めくくるアウェイ清水戦。
この試合から有観客での試合開催となり、IAIスタジアムには4,131名の清水サポーターが駆け付け試合が行われた。

この試合、宮本監督は前節名古屋戦からスタメンを2人変更。
藤春と倉田が先発に復帰し、相手の3トップに対応し、4バックへのシステム変更を決断。

試合は立ち上がりから清水ペースで進む。
5分、10分、19分と立て続けにサイドから清水に危ない場面を作られるが、ともにゴールは割らせず難を逃れる。

21分、ようやくガンバにもチャンスが訪れる。
ゴール前でパスを受けたアデミウソンが右足で巻いたシュートはゴールを捉えるが、相手GKがわずかに触りゴールとはならず。

28分、宇佐美がゴール前から左足で狙うもこれは相手DFがブロック。

試合のペースを握り返したいガンバだが、その後も清水がペースを握りチャンスを作る。

33分、右サイドで相手にFKを与えると直接狙われるもシュートはゴール上に外れる。

34分、またしても右サイドをドリブルで突破され、シュートまで持ち込まれれるが、ギリギリのところでDFが身体を張り、何とか耐え凌ぐガンバ。

このまま前半終了かと思われた40分、一瞬の隙を付いてガンバがチャンスメイク。
最終ラインからボールを動かし組み立てると、宇佐美と藤春のコンビネーションで左サイドを突破。
藤春が中央に折り返したボールをアデミウソンが落とすと、走り込んでいた小野瀬が流し込みガンバが先制!
小野瀬の今シーズン初ゴールで1-0とガンバが待望の先制点を奪う。

そのまま前半が終了し、ハーフタイムへ。

両チーム選手交代はなく後半開始。

後半も開始から清水がペースを握るゲーム展開。
59分、ゴール前フリーでボールを受けたカルリーニョス ジュニオがGKと1対1となりシュートを放つも、これを東口がストップ!
こぼれたボールを再度金子に頭でプッシュされるも枠を外れる。
ゴールにはならないものの清水がチャンスを作り出す場面が続く。

すると清水が62分に最初の選手交代を行う。
岡崎と鈴木に代えてエウシーニョとティーラシン デーンダーを同時に投入。
するとガンバもすぐに倉田を下げて、小野がピッチに。
相手の選手交代にすぐに対応するガンバ。

さらに猛攻をかけてくる清水にガンバはまたも選手交代で対応。
74分、宇佐美に代えてパトリック、アデミウソンに代えて渡邉を投入。
前節の名古屋戦で同点ゴールを生み出したFW2人が同時にピッチに。
清水もすぐに金子を下げジュニオール ドゥトラを投入。
清水がボールを握り、ガンバがディフェンスにまわる場面が続く。

選手交代でリズムを変えたいガンバは80分に矢島に代えて遠藤をピッチに。
このまま試合を終わらせたいガンバだったが迎えた84分、右サイドでファウルを取られ、相手にFKを与えてしまう。
清水がこれを素早くリスタートさせ、ガンバの右サイドからフリーでクロスを上げられると、ファーサイドで立田に頭で合わされ痛恨の失点。
ゲーム終盤に1-1の同点に追いつかれてしまう。

それでも再開後初勝利に向けこのままでは終われないガンバは、下を向くことなく攻めに出る。

清水もゲームを終わらせようと奥井と中村を下げ金井と西澤を同時に投入する準備をするが、その隙を付いて攻撃に出るガンバ。

89分、左サイドで小野がタメをつくりオーバーラップした藤春に繋ぐと、ゴール前にマイナスのパスを送る。
これを受けた渡邉がゴール中央に進入し、キックフェイントで相手を交わすと右足でシュートを放つ。
狙いすましたシュートは見事にサイドネットに突き刺さり、ゲーム最終盤でガンバが勝ち越しゴールを奪う!
2-1と再びリードを奪ったガンバがアディショナルタイムの4分間もそのリードを守り抜き試合終了。

J1再開後の初勝利を見事アウェイ清水で挙げることができた。