ガンバ大阪
  • Panasonic
  • ロート製薬(株)
  • umbro
  • (株)ダイセル
  • シップヘルスケアホールディングス(株)
  • (株)東洋ゴム工業
  • 大建工業(株)
  • (株)セブン-イレブン・ジャパン
  • Sky(株)

GAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITEGAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITE

ニュース

一つ前のニュース

2020.8.2[チーム]

2020明治安田生命J3 第8節 ●0-1 長野@長野U

一つ後のニュース

これまで、第3節から5連敗と苦しい結果が続くG大23は、何としてでも今シーズン2勝目を挙げるべく、敵地長野へと乗り込んだ。
立ち上がり、G大23は良い入りの中、開始9分、川﨑が個人技で突破し、G大23のファーストシュートを放つ。しかしシュートは正面に放たれ、相手GKに難なくキャッチされてしまう。
先制点が欲しいG大23は、序盤から両サイドの白井と塚元から攻撃のチャンスを伺う。
狙い通り、左サイドの塚元・山口・川﨑の連携で、何度も相手ゴールに迫り、右サイドの白井は相手DFの背後を取る動きで相手ゴールに迫る。
14分には、DF山口が敵陣深くまで攻め上がりクロスを上げるも、惜しくも相手DFにクリアされてしまう。
その後もシュートチャンスを迎えるが、決めきることができずに得点が奪えない。
一方28分、長野に自陣右サイドを深くまで侵入され、相手MFからゴール前に鋭いクロスを入れられる。そこに反応した相手FWにシュートを打たれてしまうが、ぎりぎりのところで何とかピンチをしのいだ。
前半は両チームなかなか決定機を作り出せず、0‐0のまま折り返す。
後半に入り、前半のような攻撃チャンスを作り出せずにいたG大23に代わり、立ち上がりから、良い流れを作り出す長野に、立て続けにチャンスを作られてしまう。一方69分、MF川﨑が相手ゴール前までドリブルで持ち込み、シュートを放つ。しかしわずかにゴールをとらえる事ができず、得点とはならなかった。
相手のペースで後半の試合が進む中、GKの一森を中心に、再三のピンチを何とかしのぐものの、76分、コーナーキックからの流れでこぼれたボールを、相手に頭で押し込まれ先制を許してしまう。何とか一点を取りたいG大23は85分、MF白井に代えMF伊勢を投入。攻撃の立て直しを図り、得点を奪いに行く。巻き返しを図りたいG大23だったが、結局90分を通して得点を奪うことができず、今シーズン2勝目とはならなかった。
悔しい結果が続く状況だが、下を向いている暇はない。目の前の一勝を見据え、青黒の戦士達はやり続ける!