ガンバ大阪
  • Panasonic
  • ロート製薬(株)
  • umbro
  • (株)ダイセル
  • シップヘルスケアホールディングス(株)
  • (株)東洋ゴム工業
  • 大建工業(株)
  • (株)セブン-イレブン・ジャパン
  • Sky(株)

GAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITEGAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITE

ニュース

一つ前のニュース

2020.9.23[チーム]

2020明治安田生命J1 第18節 ○2-1 名古屋@パナスタ

一つ後のニュース

前節、アウェイ札幌戦では4バックへのシステム変更とボールを奪って素早く攻め切るカウンターが上手く嵌り、難敵を破り連敗をストップさせたガンバ。連勝を目指しホームに迎える今節の相手は名古屋。宮本監督就任以降は2分2敗と分が悪い相手だが、ホームで4試合ぶりとなる勝利を挙げてシーズン後半戦へ弾みをつけたいこの試合。宮本監督は前節からスタメンを3人変更し、前節で負傷退場した三浦の位置には昌子を、そしてMF福田とFWパトリックを先発に送り出す。さらにサブには18歳の誕生日を迎えたばかりの若手のエースFW唐山を抜擢。7月の広島戦以来となる自身2度目のJ1メンバー入りを果たした唐山がベンチから出場機会を伺う。対する名古屋は7月までガンバに在籍していたオ ジェソクがスタメンに、またサブにも元ガンバ阿部が控える陣容。この日から入場者数の上限が緩和されたパナスタには5,153人の観客が駆け付け、試合は19:03にキックオフを迎えた。

5分、名古屋・相馬のクロスを一度はDFが跳ね返すがこぼれ球を拾った稲垣が思いきりよくシュートを放つ。これは枠を外れるが、名古屋がこの日の最初のシュートを放つ。直後にはガンバもこの日が今季2度目のスタメン出場となったパトリックがボールを運び、最後は倉田がシュート。このシュートは力なく枠を外れるが、両チームともに早速シュートで終わる攻撃で積極的な試合への入りを見せる。14分には細かくパスを繋いだガンバがパスワークで相手ペナルティエリア内へ侵入。倉田の折り返しに井手口が飛び込むが相手DFに身体を寄せられシュートに持ち込むことはできず。直後の15分にも井手口が思いきりよくミドルを放ち積極的なプレーを見せる。しかし、勢いよく試合に入ったガンバだったが自陣でのミスから相手にチャンスを与えてしまう。GK東口からの繋ぎのパスが井手口に当たってしまい相手に渡るとマテウスにシュートを許してしまう。このシュートはキム ヨングォンが身体に当ててかき出すが、このプレーで与えた直後のCK。相馬のキックをニアで米本がすらすと飛び込んできた金崎に押し込まれ失点。またしてもミスから相手に先制を許す苦しい展開となってしまう。その後も36分には名古屋・吉田の最終ラインからのパスがDFラインの背後に飛び出したマテウスへ入ると、髙尾に競り勝ちシュートを放たれる。強烈なシュートが東口を襲うが、一瞬の反応で身体に当ててコースを変えるとクロスバーに跳ね返り追加点は許さない。決定的な場面だったがこれ以上の追加点は許さず何とか耐えるガンバ。すると43分には名古屋にアクシデント発生。アデミウソンへタックルに入った米本がこのプレーで右膝付近を痛め負傷交代。前半のうちに交代カードを1枚切ることになった名古屋は急遽ジョアン シミッチがピッチに。ガンバも前半終了間際に相手ペナルティエリア内でボールを受けたアデミウソンが振り向きざまにシュートを放つが、これはGKランゲラックの正面を突きゴールとはならず。名古屋に1点のリードを許したまま前半終了を迎え試合はハーフタイムへ。

1点を追うガンバはハーフタイムに選手を1人交代。髙尾に代わり藤春がピッチに入り、左サイドバックへ。福田が右に立ち位置を変え、DFラインの並びを修正した宮本監督。後半に入るとこの宮本監督の采配が功を奏し、徐々にボールが回り出す。すると52分、井手口とのコンビネーションから前を向いた小野瀬が突破を図ると、ペナルティエリアのわずかに外でファウルを受けFKのチャンスを得る。山本の右足から放たれたキックは壁に当たりコースが変わるが、そのままゴールに吸い込まれる!仙台戦に続き山本の自身2得点目が同点ゴールとなり、後半早い時間帯にゲームを振り出しに戻したガンバ。前半とは打って変わってボールが回るようになったガンバは54分にも井手口の強烈なミドルで相手ゴールを脅かす。同点に追いつかれた名古屋は58分に前田と相馬を下げ、阿部とガブリエル シャビエルを投入。62分にも金崎に代えて山崎を送り出し、早くも3回の選手交代を使い切る積極的な交代策を見せる。対するガンバも76分にアデミウソン、パトリック、山本に代えて宇佐美、渡邉、遠藤を投入。勝ち越しゴールを奪いにいくための思いきった3枚替えで、試合は残り約15分の攻防へ。その後もボールを握り攻めに出るガンバは迎えた87分、遠藤が浮き球で相手DFの背後を突くパスを送ると、走り込んだ小野瀬の足元に。小野瀬が粘りこれを折り返すと、パスを受けた宇佐美が強烈なシュートをゴールネットに突き刺し逆転ゴールを奪う!途中出場の遠藤と宇佐美が絡んだ攻撃で勝ち越しゴールを奪ったガンバがゲーム終盤で逆転に成功し1歩前に出ると、アディショナルタイム5分間も集中した守備でリードを守り抜き試合終了。見事な逆転劇でホーム・パナスタでは4試合ぶりの勝利を収め、これでリーグ戦2連勝となった。