ガンバ大阪
  • Panasonic
  • ロート製薬(株)
  • umbro
  • (株)ダイセル
  • シップヘルスケアホールディングス(株)
  • (株)東洋ゴム工業
  • 大建工業(株)
  • (株)セブン-イレブン・ジャパン
  • Sky(株)

GAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITEGAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITE

ニュース

一つ前のニュース

2020.10.18[チーム]

2020明治安田生命J1 第23節 ○1-0 大分@昭和電ド

一つ後のニュース

前節、7連勝を目指して戦った横浜FM戦では、ゲームを支配しつつシュート14本を浴びせる猛攻を見せるもあと1点が奪えず引き分けに終えたガンバ。7連勝とはならなかったが、前年王者に対して見せた戦いぶりは今季開幕戦からのチームの成長を物語るものだった。連勝がストップし、仕切り直しとなる今節はアウェイ・大分戦。ルヴァンカップを含め今季3度目の顔合わせとなる大分は、細かくパスを繋ぎながらゲームを組み立ててくる特徴のある相手。その大分に対して宮本監督は「点を獲るところにフォーカスしたい」と好調アデミウソンと渡邉を2トップに指名。また守備陣では前節試合中に負傷した昌子に代わり菅沼がJ1では今季3試合目の先発出場を果たした。

試合は6分、大分が自陣でボールを奪うとショートカウンターへ。右サイドでボールを受けた三平がカットインから左足でシュートを放つが、これはカバーに入ったキム ヨングォンがブロック。16分、ガンバも相手ゴール前でパスを繋ぐとアデミウソンのラストパスに反応した渡邉が左足でシュートを放つも相手DFのブロックに遭う。24分、ガンバが右サイドを起点に攻め込むと、髙尾のクロスからゴール前混戦となったところを最後はアデミウソンが狙う。GKとの間にポジションを取っていた倉田に当たりゴールに吸い込まれるが、これは倉田のハンドでノーゴールの判定に。立ち上がりこそ大分のペースで進んだが、その後はガンバがボールを握り返す展開が続く。しかし、大分も高い位置でのボール奪取から少ない手数でゴールに迫ってくる。37分、ガンバが自陣でボールを失うと三平から右に開いた岩田に展開されるが、岩田から伊佐を狙ったラストパスはキム ヨングォンが身体に当てしっかりとブロック。対するガンバも直後の38分には髙尾が持ち上がりアデミウソンに渡すと、反転から左足でシュート。強烈なシュートが枠を捉えるが相手GKが正面でセーブし、先制ゴールとはならず。

前半は互いに譲らずスコアレスで終了し、ハーフタイムへ。宮本監督はハーフタイムに「攻撃はテンポを上げて、相手陣内深く攻め込もう」と指示を出し、後半頭から渡邉に代えパトリックを起用。パトリックの相手DFの背後を取る動きに期待を寄せピッチに送り出す。52分、山本のフリーキックに後半から入ったそのパトリックが頭で合わせるがシュートは枠上へ。後半もリズムよく試合に入ったガンバだったが55分、一瞬の隙を与え大分に決定機をつくられてしまう。自陣で細かくボールを繋がれると、DFラインの背後のスペースを突かれ大分・田中に突破を許す。GK東口も交わされ無人となったゴールにシュートを放たれるが、このシュートを全力で戻った髙尾がスライディングで掻き出し、見事なカバーリングで相手の決定機を阻止。完全に崩された場面だったが、髙尾のスーパープレーで先制ゴールを許さなかったガンバ。直後の59分にも大分・田中にペナルティエリア内からシュートを許すが、これも東口がファインセーブ。元ガンバ、田中に立て続けに決定的なシュートを放たれるが、集中力高く守るガンバがなんとか凌ぐ。この時間帯、勢いに乗る大分にペースを握られると、65分にもCKから羽田にヘディングシュートを許すが、これもわずかに枠を逸れ難を逃れる。嫌な流れを変えたいガンバは、直後にアデミウソンと山本を下げ、宇佐美と矢島がピッチに。2枚替えで大分に傾いた試合の流れを引き戻すと、67分には早速交代で入った矢島がチャンスメイク。パトリック、倉田、矢島の3人の関係で崩すと最後は矢島のクロスに倉田が飛び込むがこのシュートは相手GKがブロック。70分には大分がこの日最初の交代で星に代え刀根を投入してくるが、72分にCKを得たガンバがチャンスを迎える。右サイドのCKからキッカー・宇佐美がアウトスイングのボールを入れると、パトリックが相手DF2人に競り勝ち頭で合わせる。パトリックの頭上から打ち下ろすヘディングシュートが決まりゲーム終盤に一歩リードしたのはガンバ!待望の先制点を挙げ1−0とリードを奪う。78分には反撃に出る大分・田中がヘディングシュートで狙うが、これも髙尾のブロックで勢いを殺すと東口がガッチリとセーブし同点ゴールは許さない。82分には同点ゴールへ執念を見せる大分・片野坂監督が大胆な采配を見せる。なんと三平、羽田、三竿、田中を下げ野村、島川、髙澤、知念を同時に投入してくる4枚替えで同点ゴールを狙いにくる。しかし、ガンバ・宮本監督も90分に髙尾に代え松田を、さらにアディショナルタイム3分には倉田に代えてこの試合がJ1デビューとなる塚元を投入。試合終了間際には大分にサイドから放り込まれ危ない場面もつくられるが、最後まで集中を切らさず1点を守り抜いたガンバが無失点で試合をクローズ。過密日程の中、5連戦の最後となったこの試合をクリーンシートで勝ちきったガンバがこれで6連勝のあと1分けを挟み再び勝利。これで8試合連続負け無しとし、上位を追撃する大きな勝点3を挙げた。