ガンバ大阪
  • Panasonic
  • ロート製薬(株)
  • umbro
  • (株)ダイセル
  • シップヘルスケアホールディングス(株)
  • (株)東洋ゴム工業
  • 大建工業(株)
  • (株)セブン-イレブン・ジャパン
  • Sky(株)

GAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITEGAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITE

ニュース

一つ前のニュース

2020.10.24[チーム]

Powered by GAMBAplus

2020.10.25(日) 14:00~ 明治安田生命J3リーグ 第23節 △1-1 C大23@ヤンマー
[プレビュー]J3最後の大阪ダービー。若きガンバが勝ち越して5年間の歴史を締めくくる

一つ後のニュース

ガンバ大阪U-23の成長が日々、止まらない。前節は、開始早々の1分に不運なPKで追う展開を強いられながらも、1対1のドローに持ち込んだ。アウェイでは3試合連続、0対1で敗れていた若きガンバだったが、出場停止の唐山に代わってピッチに立った2種登録の菅野が技ありの一撃で、Jリーグ初ゴール。エース不在の一戦で貴重な勝ち点1を手にした。
いかなる相手にも自らのスタイルを貫き、中村や菅野ら新たな力も台頭中。そんな若きガンバが、特別なモチベーションで挑むのが今節の大阪ダービーだ。

いかなるカテゴリーであろうとガンバにとって常に勝利が求められるのがダービー。タイトル数も戦歴もトップチームは圧倒しているが、J3におけるダービーは過去5シーズンで3勝3分け3敗と全く五分の数字が並んでいる。
「勝つということがダービーでは大事。記録に残るところだし、ガンバの方が強かったということを見せられるように勝ちたい」とチームの総意を語るのは、前節、待望のJ1リーグデビューを飾った塚元だ。
若きガンバが今季見せて来た成長曲線と同じ軌跡を描きながら成長して来た塚元は、守備でもハードワークしながら攻撃を牽引するキーマンの一人。直近の5試合では3勝1分け1敗という好調な足取りを見せているガンバ大阪U-23に対して、相手は現在最下位で、直近の4試合は2分け2敗。ただ、直近の成績やチーム状態が一切ご破算になるのがダービーという舞台でもある。だからこそ、常に主導権を握りながら、相手ゴールに迫るスタイルにこだわる森下監督も言う。
「相手は、特にセカンドボールとか球際によりこだわって挑んで来る。圧倒するためにはまず、勝負の本質的なところを上回らないといけない」
攻撃サッカーと同時に、指揮官がチームに植え付けて来た戦う姿勢をアウェイの地でも体現するのみだ。

トップチーム同様、不用意に失点しないチーム全体の守備意識を保ちながらも、勝負どころでギアを上げられるのが今の若きガンバの強みである。
絶対に勝ちきりたいJ3最後のダービーに向けて頼もしいエースが戦列に戻って来る。前節の鳥取戦は累積警告による出場停止だった唐山にとっても、ダービーは特別な一戦であり続けて来た。「今度の試合で勝ち越しが決まる。点を取りたいし、ゴールにだけ集中する」と静かに闘志を高めている。
ともにU-19日本代表候補にも名を連ねる相手CBの西尾の前で、J3リーグ得点ランク3位の真価を見せつけるのみだ。
森下監督にとっても自身の就任後、ダービーでは1勝1分け1敗。「何が何でも勝ちたい。決着をつけます」と力強く言い切った指揮官とともに若きガンバ戦士が、敵地で勝利の雄叫びを上げる時が来た。
俺たちが大阪さ――。勝利とともにダービーの歴史を締めくくって見せる。