ガンバ大阪
  • Panasonic
  • ロート製薬(株)
  • umbro
  • (株)ダイセル
  • シップヘルスケアホールディングス(株)
  • (株)東洋ゴム工業
  • 大建工業(株)
  • (株)セブン-イレブン・ジャパン
  • Sky(株)

GAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITEGAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITE

ニュース

一つ前のニュース

2020.10.24[チーム]

2020明治安田生命J1 第24節 ○2-1 柏@パナスタ

一つ後のニュース

前節、アウェイでの大分戦では、大分が時折繰り出す鋭い攻撃に苦戦しながらも、DF髙尾の守備での活躍が光り無失点で凌ぐと、宮本監督が鍵になると話していたセットプレーから途中出場の宇佐美とパトリックのホットラインで得点を奪いしぶとく勝ちきったガンバ。怒涛の5連戦を終え、中5日で今節ホーム・パナスタに迎える相手は柏。ルヴァンカップ、さらにリーグ戦と今季2度の対戦ではともに完封負けを喫している相手に対して今度こそリベンジを果たしたいこの試合。宮本監督はこの試合で前節からFW2人をチェンジ。大分戦で途中出場から貴重なゴールを生み出したパトリックと宇佐美を前節の勢いそのままにスタートからピッチに送り出す。

試合は4分、柏・クリスティアーノが抜け出して左足でシュートを放つが、このシュートは枠外。さらに7分、オルンガにDFラインの背後に抜け出されるが、ここは東口がペナルティエリアを飛び出しクリア。東口の好判断で、決定的な場面になりかけるが未然にピンチを防ぐ。続いて8分、左サイドのクロスからオルンガにシュートを放たれるが、これも枠を逸れ難を逃れる。立ち上がりから柏が攻勢をかけるがガンバも16分、右サイド髙尾のクロスに倉田が合わせシュートシーンをつくりだす。しかしこれは相手DFに当たりゴールマウスを捉えることはできない。直後の18分にも髙尾がドリブルで持ち上がり中央で待つ宇佐美に渡すと、宇佐美が相手DFを剥がし得意のミドルで狙うが柏GKのキム スンギュに阻まれゴールとはならず。その後も引き続き柏がペースを握ると31分、右サイドで柏のFKから江坂にヘディングシュートを許すがこれもわずかにゴールの枠を逸れる。さらに34分、柏に中盤での繋ぎを狙われ高い位置でボールを奪われるとショートカウンターから最後はクリスティアーノにシュートを打たれるが、これも枠上に外れ失点を免れる。なんとか反撃に出たいガンバは39分、倉田の柔らかいパスからゴール前でパトリックが頭で合わせようとするが、うまくヒットできず。さらに42分、スローインを受けた小野瀬が反転から左足で狙うが、このシュートは相手GKが正面でキャッチ。全体的に柏ペースで進む前半だったが、相手のシュートミスにも助けられスコアレスで試合を折り返す。

両チーム選手交代なく後半を迎えると51分、パトリックの落としたボールを小野瀬がミドルで狙うがこのシュートは柏GKキム スンギュの好セーブに遭いCKに。しかしこのプレーで得たCKのチャンスをガンバが得点に結びつける。左サイドからのCKから宇佐美がインスイングのボールを入れるとパトリックがマークを外し、相手GKの前で競り合う。これが相手GKのミスを誘うと、キム スンギュの手からこぼれたボールは直接ゴールへ。オウンゴールという意外な形で後半開始早々に先制ゴールを奪ったガンバ。勢いに乗るガンバは63分、井手口が中盤でボールを奪うと、左サイドを起点に攻め込む。福田が1対1の仕掛けから相手を抜き去りクロスを上げると、小野瀬が落としたボールから倉田がシュートを放つ。このシュートはGKに防がれるが、こぼれたボールを再び小野瀬がシュート。相手DFに当たった跳ね返りを再びパトリックがバイシクルで狙うが、これも相手GKキム スンギュがブロック。猛攻を仕掛け再三相手ゴールに迫るが、柏GKキム スンギュの好守とDF陣の身体を張った守備に阻まれ追加点を奪うことはできない。65分、1点を追いかける柏・ネルシーニョ監督が動く。仲間に代え神谷を投入し、サイドの選手を入れ替え反撃に出る柏。するとガンバも74分にこの試合初めての選手交代で宇佐美を下げアデミウソンを投入。直後の75分にはゴール前で倉田のパスを受けたそのアデミウソンが反転から左足でシュートを放つがこれはわずかに枠外へ。ガンバがリードを保ったまま試合の終盤に差し掛かるが、ここで柏が意地を見せる。80分、自陣でガンバがクリアしたボールが柏・江坂に渡ると、ゴール前のオルンガへスルーパスを送る。これに反応したオルンガに左足を振り抜かれると同点ゴールを許し、ゲームは残り10分を切ったところで1-1の振り出しに。同点に追いつかれたガンバは直後にパトリックと小野瀬を下げ、矢島と渡邉を投入。下を向くことなく勝ち越しゴールを狙いにいく。すると89分、山本から倉田にパスが繋がり、さらに倉田からアデミウソンに渡るとアデミウソンがガンバサポーターが陣取るゴール裏に向かって左足を振り抜く!アデミウソンの左足から放たれた強烈なシュートがゴールに突き刺さり、2-1と再びリードを奪ったガンバ。直後の90分にはガンバが倉田を下げ川﨑を投入すると、柏も大谷に代えて鵜木がピッチに。このままゲームを終わらせたいガンバに対し、柏も最後まで同点ゴールを狙いにくる。後半アディショナルタイムにはFKから柏にこぼれ球を拾われ北爪にミドルシュートを許すが、GK東口がスーパーセーブで弾き出すと最後まで相手の攻撃を凌ぎきり試合終了。倉田の300試合出場達成となったこの記念の試合を見事に勝利で飾ったガンバ。今季2敗を喫していた柏にこれがパナスタ初勝利。今日も1点差の厳しい試合を勝ちきり6連勝のあと引き分けを挟み2連勝とし、これで9戦負け無しと勢いの止まらないガンバが暫定順位を2位にあげた。