ガンバ大阪
  • Panasonic
  • ロート製薬(株)
  • umbro
  • (株)ダイセル
  • シップヘルスケアホールディングス(株)
  • (株)東洋ゴム工業
  • (株)セブン-イレブン・ジャパン
  • Sky(株)

GAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITEGAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITE

ニュース

リリース日:~

一つ前のニュース

2020.12.6[チーム]

2020明治安田生命J3 第31節 ○2-1 沼津@愛鷹

一つ後のニュース

 10月の富山戦以降勝利から遠ざかっている中、先週に引き続きアウェイ静岡の地で沼津との一戦を迎えた。会場には約1,000人の観客が訪れ、20名近いガンバサポーターも現地へ駆けつけた。スタメンには、岩手戦以来の出場となる芝本が名を連ね、GKの石川もC大23戦以来の出場となった。
 試合は立ち上がり3分にいきなり動いた。沼津ゴールキックからの流れで相手MFにボールが渡ると、受けた沼津MFの豪快なシュートがゴールに吸い込まれ、開始早々リードを許す展開となってしまう。失点後、怯むことなくマイボールの時間を増やしていくG大23は、サイドを上手く使いながら前線へとボールを供給する。度々相手両サイドの陣地深くまで侵入するも、クロスからの決定機を演出できない。シュートチャンスを作りながらも、決定打にかけていた中での22分、中村と坂本のコンビネーションからシュートを放つ。一度はGKに防がれたものの、跳ね返ったボールを中村がヘディングシュート!ボールは相手DFの頭を超え、待望の同点弾となり中村の今シーズン2ゴール目となった。引水タイム後も、相手にチャンスを与えるもGKの石川を中心に粘り強い守備を見せ、前半を1‐1‐で折り返す。
 後半に入ると、早々から押し込まれる展開が増え始める。すると、前半とは逆に相手両サイドからのクロスが増えはじめ、65分には自陣でのミスから相手のカウンターを受け、左サイドのクロスの流れから決定機を与えてしまう。失点かと思われたが、ここは守護神石川が左足一本で見事なファインセーブ!何とかピンチの場面を防ぐ。その後G大23はMFの伊勢に代え菅野を投入し、追加点を取るべく攻撃のギアを上げる。その後、再びG大23にも攻撃のチャンスが増えだし、迎えた87分。またしても中村からのパスに反応した坂本が相手の背後に抜け出す!ゴール前で相手DFと交錯すると、相手のファウルを上手く誘いPKを獲得。坂本自身で冷静にPKを沈め、2‐1と勝ち越しに成功!このゴールは、坂本のプロ初ゴールとなった!その後は何とか粘りリード守り続け、試合終了のホイッスル。10月11日の富山戦ぶりに勝ち点3を掴むことに成功した!
今シーズンも残り後3試合となった。最後の3試合を勝って終わるためにも、次のホーム長野戦は大事な一戦となるだろう。