ガンバ大阪
  • Panasonic
  • ロート製薬(株)
  • umbro
  • (株)ダイセル
  • シップヘルスケアホールディングス(株)
  • (株)東洋ゴム工業
  • (株)セブン-イレブン・ジャパン
  • Sky(株)

GAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITEGAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITE

ニュース

リリース日:~

一つ前のニュース

2020.12.13[チーム]

2020明治安田生命J3 第33節●4-6 鹿児島@白波スタ

一つ後のニュース

 前節、2位長野をホームに迎えた試合では、決定機を作りながらも相手の固い守備をこじ開けることができず、1点を守り抜かれ0‐1の結果に終わってしまった。ここまでの試合でなかなか勝ち点を積み上げられていないG大23は、残りの2試合何としても勝利で終わるべく、アウェイ鹿児島の地へと乗り込んだ。
 前節のメンバーからスタメンが7人入れ替わり、ベンチメンバーを含め14人で試合に臨んだ。試合の入りに成功したG大23は、立ち上がりから前線からのハイプレッシャーな守備を繰り返し、相手に攻撃の自由を与えない。その中で、荻野と伊勢のボランチコンビで相手の攻撃の芽を摘み、前線で待つ高木・坂本へとボールを供給し得点のチャンスを伺う。立ち上がりから連動した守備がかみ合い、良い守備から自分たちの流れを引き寄せる。FWの高木と坂本が決定機を演出し、あと少しのところでゴールというシーンも増え始めた前半の16分、コーナーキックからのこぼれ球にいち早く反応した高木がゴールに押し込み、待望の先制点を取ることに成功。待ちに待った先制点を取ることができ、このままのペースで進むかと思われたがわずか4分後、一瞬の隙から相手にPKを与えてしまい、これを冷静に決められ1‐1とする。しかし前半終了間際の41分、ゴール前で受けた坂本がうまく右足でシュートを放つと、ボールはゴール右上に突き刺さり追加点を取ることに成功!そのまま前半は終了し2‐1とリードした状態で折り返す。
 後半に入ってもなお勢いが止まらないG大23は、後半開始わずか4分、左サイドを突破した山口からのクロスに反応した坂本がゴール前で上手く合わせ、この日2点目となるゴールでさらに鹿児島を突き放す!さらにその後も追い打ちをかけるG大23は、9分に再び坂本がキーパーと一対一の決定機を迎えるも、これは相手GKのファインセーブで得点とはならず。しかしその2分後、ゴール前での坂本と荻野のパス交換から最後は荻野が押し込み、荻野のプロ初ゴールを決めて見せ、スコアを4‐1と大きく引き離す。これまでいい流れで相手を圧倒してきたが、相手の選手交代を機に、一気に鹿児島の流れを迎え、62分、右サイドからのアーリークロスで決定機を演出され、あっさりと追加点を許してしまう。その後も鹿児島ペースで試合は進み、78分、84分、89分、90分+4と立て続けに得点を許し、終わってみれば4‐6という結果に終わってしまった。前半からいい流れで得点を重ね、いい流れで試合を運べていただけに悔しい結果となってしまった。
 今シーズンも残すところあと一試合となった。ホームでの最終戦を勝利で締めくくるためにも、これまでの真価が問われる一戦となるだろう。