ガンバ大阪
  • Panasonic
  • ロート製薬(株)
  • umbro
  • (株)ダイセル
  • シップヘルスケアホールディングス(株)
  • (株)東洋ゴム工業
  • (株)セブン-イレブン・ジャパン
  • Sky(株)
  • 吹田市

GAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITEGAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITE

ニュース

リリース日:~

一つ前のニュース

2021.4.17[チーム]

Powered by GAMBAplus

2021.4.18(日) 17:00~ 明治安田生命J1リーグ 第10節 △0-0 清水@パナスタ
[プレビュー]次に見せるのはホーム初勝利。粘り強く清水に勝ちきりたい

一つ後のニュース

「長かったと思います」。鳥栖戦で今季初勝利を手にした直後、キャプテンの三浦が口にしたシンプルな言葉は選手のみならず、サポーターの誰もが感じた思いだった。
開幕から4試合無得点という未だクラブが経験したことがない悔しさとともに、勝利からも遠ざかっていたガンバ。しかし、そんな嫌な空気を一掃したのが、頼れるエースの一発だった。
「ああいうゴールにつなげて勝利に導いてくれた。彼が取るとチームに勢いが出る」と宮本監督も宇佐美の今季初ゴールを手放しで評したが、鳥栖戦で見えた光明を確かな勢いに変えるべき場が清水戦である。

「ようやく得点して、勝利できた。ただ、まだ1勝しただけなのでこれを継続しないといけない」と、勝って兜の尾を締める姿勢を保つのは三浦である。
鳥栖戦では今季初得点と初勝利を手にしたガンバだが、パナソニックスタジアム吹田に集うサポーターの前で次に見せるべきは、今季ホーム初勝利。清水戦で問われるのは、ガンバの粘り強さである。
宇佐美は「相手の監督は前のチームの時代からそうだけど、粘り強く守備から入ってくる。こちらが点を取りに行って陣形が崩れたところから点を取ってくる」と今季から清水を率いるロティーナ監督をこう評する。
しっかりと自陣でブロックを形成し、ガンバの攻め疲れやミスを待った上で鋭い速攻を仕掛けてくるであろう清水に対して、焦れるのは禁物だ。「後ろは無失点を続けて、攻撃は複数得点を取れるようにやっていきたい」と古巣相手に三浦も燃える。
「間違いなくサッカーの試合での先制点は試合を進める上で大きなアドバンテージになる」(宮本監督)。サポーターが待ちわびるホームでの初得点を奪うまで、今ガンバが見せている堅守をチーム全体で体現するのみだ。

一方の清水は、ロティーナ監督によって新たなスタイルを構築している最中だが、直近の5試合は1勝1分け3敗とやや苦しい戦いが続いている。直近の3試合で1得点の相手攻撃陣ではあるが、やはり警戒したいのは二人のブラジル人助っ人である。
「エウシーニョ選手は清水で一番気をつけないといけない。あそこが起点になって清水の攻撃が始まるのでそこを一番最初に潰さないといけない」と話すのは福田。右サイドバックのエウシーニョの攻め上がりをチーム全体でケアしたいが、最前線には新加入のチアゴ サンタナも控えている。今季清水が手にした2勝ではいずれもチアゴ サンタナがゴール中。圧巻の安定感を見せている三浦と昌子のCBコンビで清水のエースを封じるのみだ。
「勢いが出てきそうな雰囲気がある」と宇佐美が口にした手応えを、清水戦の勝利で確信に変えたい。