ガンバ大阪
  • Panasonic
  • ロート製薬(株)
  • umbro
  • (株)ダイセル
  • シップヘルスケアホールディングス(株)
  • (株)東洋ゴム工業
  • (株)セブン-イレブン・ジャパン
  • Sky(株)
  • 吹田市

GAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITEGAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITE

ニュース

リリース日:~

一つ前のニュース

2021.4.21[チーム]

Powered by GAMBAplus

2021.4.22(木) 19:30~ 明治安田生命J1リーグ 第11節 ●0-2 名古屋@豊田ス
[プレビュー]勝利に不可欠なゴール。堅守の名古屋を大胆に攻め切りたい

一つ後のニュース

ホームで今季初勝利を目指しながらも、前半の決定機をポストとクロスバーに嫌われ、ゴールが遠かったガンバ。一方で、大卒ルーキーの佐藤が右SBを務めた守備陣は、相変わらずの鉄壁の固さを見せ、清水に付け入る隙は与えなかった。
「ビルドアップは少しずつ流動的になってきたが、そこからハーフラインを超えてのボール回しに課題がある」と井手口がチームの現状をこう振り返るが、ガンバの本格的な巻き返しに欠かせないのは、やはり攻撃の活性化である。

コロナ禍による逆風を乗り越え、徐々に選手個々のコンディションが上がっているのは間違いないが、今待たれるのは攻めでより迫力を出すこと。そんなガンバにとって、名古屋戦で求められるのはリスクを恐れない大胆な攻撃になる。
「相手ゴールに向かう姿勢、状況を作ろうと選手に伝えた」(宮本監督)。
中3日の連戦で修正を図る指揮官だが、名古屋は現在、リーグ屈指の堅い守りを誇っている。2020シーズンもリーグ最少失点だった名古屋は、今季もここまでの11試合で計3失点。第2節から9試合連続無失点というJ1新記録も果たしている。
イタリア人指揮官らしい手堅いサッカーを見せる名古屋だが、その守りを打ち崩すのが今節のガンバに課せられたミッションだ。
ヒントは1対2で名古屋が今季初黒星を喫した前節の戦いに隠されている。
クロスからのヘディングとミドルシュートで2失点した名古屋だが、今のガンバに足りないのが敵陣深くでの大胆さである。
「ハイボールが上がってくれば、自分は誰にも負けずに競り勝てる強みを持っている」(パトリック)。攻守で献身的なプレーを見せるパトリックへのシンプルなクロスは名古屋をこじ開ける上で不可欠だ。
今季目指す、最後尾からの丁寧な崩しも保ちながらも、やはり正攻法だけでは名古屋の堅い守りを崩せない。クロスでパワフルに相手を揺さぶりながら、「(井手口)陽介に関してはもう少し縦への運動量を増やしてもらうことで3列目からの攻撃参加も増える」(宮本監督)。理詰めで崩し切るだけでなく、時にパワフルに、時に中盤のダイナミズムを生かしながら相手ゴールに迫りたい。

一方で名古屋は今季、8勝のうち5試合が1対0の勝利。爆発力があるとは言い難いものの、やはり要所には侮れない選手を揃えている。マテウスや元ガンバの阿部、今季加入した柿谷はもちろんだが、最も警戒したいのはボランチながらチーム最多の4得点を叩き出している稲垣だ。
「少ないチャンスかもしれないが、そこを絶対に決め切りたい」(パトリック)。好調の名古屋相手に手にする勝点3は、必ずガンバの勢いを加速させる。