ガンバ大阪
  • Panasonic
  • ロート製薬(株)
  • umbro
  • (株)ダイセル
  • シップヘルスケアホールディングス(株)
  • (株)東洋ゴム工業
  • (株)セブン-イレブン・ジャパン
  • Sky(株)
  • 吹田市

GAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITEGAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITE

ニュース

リリース日:~

一つ前のニュース

2021.5.22[チーム]

2021明治安田生命J1 第15節 ●0-1 FC東京@味スタ

一つ後のニュース

松波体制の初戦となった前節・浦和戦ではゴール前で迫力ある攻撃を展開する場面も増えたものの、相手ゴールをこじ開けきることはできず。守備面でも元ガンバ・田中に全ゴールに絡む活躍を許し今季最多となる3失点と0-3で完敗を喫したガンバ。しかし松波監督は「(得点)ゼロが続いていますので、ゴールをこじ開けることをしっかり考えながら戦いたい。」と失点シーンの修正とともに攻撃面の改善に着手し、今節に臨む。この試合、ガンバは前節からスタメンを3人変更。CBに今季リーグ戦初出場となる菅沼を起用し、キャプテン・三浦を右サイドバックへ。中盤にはここ2試合途中出場で見せ場をつくっていた塚元を先発に抜擢。FWはレアンドロ ペレイラと宇佐美の2トップでFC東京からゴールを奪いにいく。ホーム・パナスタではいまだにリモートマッチが続くガンバだが、アウェイ・味スタで第11節の名古屋戦以来となる久々の有観客マッチに挑む。

試合は1分、ガンバの左サイドを崩されると、内田のクロスをディエゴ オリヴェイラにボレーで押し込まれ失点。立ち上がり早々にビハインドを負う苦しい展開となってしまう。続く3分、ショートコーナーから小川が素早くクロスをあげると、アダイウトンがヘディングシュートを放つがこれは枠の右へ。9分、小川のクロスを大外から田川が左足ボレーで狙ってくるが、このシュートはクロスバーをヒット。キックオフから攻勢をかけてくるFC東京に対して、守勢に回る展開が続く。15分、先発起用に応えたい塚元が遠めの位置から左足で思いきりよくミドルで狙う。積極的にこの試合のガンバ初シュートを放つが、これは枠外。続く16分、宇佐美のクロスをファーサイドで待ち構えた倉田が受けると、チェックに来た相手DFを交わしシュートに持ち込むがこのシュートはカバーに入ったDFのブロックに遭いクリアされてしまう。23分、この試合、右サイドバックに入った三浦がオーバーラップからクロスを入れる。一旦は内田にクリアされるも、クリアボールを拾った井手口がシュートを放つが、クロスバーを越えてしまう。41分、レアンドロ ペレイラがペナルティエリアのわずかに外から思いきりよく右足を振る。シュートはゴールマウスを捉えるが、FC東京・GK波多野のセーブに遭いゴールとはならない。前半アディショナルタイムには塚元がボールを持つと一気にドリブルでゴール前へ。そのままミドルで狙うがこのシュートも相手GKに阻まれゴールとはならず。立ち上がりこそ消極的な試合の入りを見せてしまったガンバだったがその後立ち直り、前半だけで二桁のシュートを放つも失点を挽回できないまま0-1のスコアで試合はハーフタイムへ。

ハーフタイムに松波監督は「カウンターに気を付よう。」と指示を送り、前半と同じ11人を後半のピッチへ送り出す。対するFC東京もメンバー変更はなく後半45分の戦いへ。47分、安部のクロスがファーサイドに流れたところを田川が身体ごと押し込もうとするが、ここは東口がセーブしクリア。後半も立ち上がり早々決定的な場面を招くが、守護神のセーブが光りこのピンチを凌ぐことに成功。1点を追う展開が続くガンバは60分、レアンドロ ペレイラと塚元を下げ、一美と負傷から復帰した小野瀬を投入。最初の交代カードを切り、まずは同点ゴールを奪いにいく。63分、FC東京のFKの場面。小川の浮き球のクロスに森重が頭で合わせるが、これは枠外へ。ガンバは71分、さらに交代カードを切り、倉田を下げウェリントン シウバを投入。左サイドに入ったウェリントン シウバをアクセントに、FC東京ゴールを目指す。対するFC東京・長谷川監督も74分にこの最初の交代を行うと、田川に代わり三田がピッチに。さらに続く79分、アダイウトンと高萩を下げ、永井と東を投入。前節・柏戦に続き無失点勝利を狙うFC東京。試合も残り10分を切り82分、後がないガンバは最後の交代カードを切り、井手口と宇佐美を下げチュ セジョンとパトリックがピッチへ。最後まで同点ゴールを目指し、攻撃的な選手を送り出す松波監督。84分、三田のグラウンダーのクロスをゴール前で永井が合わせるがシュートは大きく枠上へ。FC東京は90分、ディエゴ オリヴェイラに代わり品田がピッチに。長谷川監督はFWを下げMFを投入し、中盤を厚くして試合を終わらせにかかる。後半アディショナルタイムに入ってもガンバは最後までゴールを目指すが、FC東京の前線からのプレッシャーの前にうまくボールを運べずそのまま0-1で試合終了。開始早々の失点が重くのしかかり、痛恨の4連敗となった。