ガンバ大阪
  • Panasonic
  • ロート製薬(株)
  • umbro
  • (株)ダイセル
  • シップヘルスケアホールディングス(株)
  • (株)東洋ゴム工業
  • (株)セブン-イレブン・ジャパン
  • Sky(株)
  • 吹田市

GAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITEGAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITE

ニュース

リリース日:~

一つ前のニュース

2021.9.24[インフォメーション]

ガンバ大阪がみんなで取り組むSDGs(持続可能な開発目標) 「SDGsmileプロジェクト」キックオフのお知らせ

一つ後のニュース

ガンバ大阪では創立以来、「スポーツ文化の振興に寄与する」「サッカーを通じて、社会に夢と感動を創造する」「地域と密着し、地域社会の活性化に貢献する」という三つの柱を経営基本方針に様々な活動を行ってまいりました。

社会が直面する課題に、われわれガンバ大阪はこれまでもホームタウン活動を中心に様々な活動に取り組み、30周年の節目の年である今だからこそ、もう一度足元を見つめ直し、より一層深化させ、推進していきます。

活動テーマを「SDGsmile」(エスディージースマイル)としました。

「ガンバ大阪が社会を、そして地域を、より健康に、より笑顔にする」ことを目的とし、地域の人々が、より良い暮らしを実現するために、我々は地域にとって欠かせない存在として、ファン・サポーター、そしてパートナー企業の懸け橋となり、関係する皆さまとの取り組みによって、よりよい未来を実現する為に行動し続けます。

ガンバ大阪では、将来に向けて「ホームタウンを中心に地域社会が良くなっている。そして、ガンバに関わる全ての人々が、何かしらのSDGs目標に取り組めている姿を実現する」を目標に掲げ、活動を推進していくために、SDGsが採択された9/25(国際SDGsウィーク:Global Goals Day)を含む、約1週間が「SDGs週間」となるため、明治安田生命J1リーグ 第30節 柏レイソル戦を「SDGsmile」活動のキックオフとして、スタジアム来場者及びガンバ大阪サポーターに向けて、SDGs啓発や周知を深めていく、イベントとして実施致します。

ガンバ大阪として、SDGs17ゴール目標のうち、特に以下4つを重点的に取組む項目

No 3「すべての人に健康と福祉を」

No 4「質の高い教育をみんなに」

No11「住み続けられるまちづくりを」

No17「パートナーシップで目標を達成しよう」

その他の目標においても、実施できることから始めて参ります。

ガンバ大阪でのSDGsに関する取り組み情報はこちら →
https://www2.gamba-osaka.net/club/sdgs_project.html



≪明治安田生命J1リーグ 第30節 柏レイソル戦 主なイベント≫

■Jリーグ初のユニフォームへのロゴ掲出
 国連の認可を得て、Jリーグでは初めて、トップチームが着用するユニフォームのパンツ裏に
 SDGsロゴを掲載致します。

■スタジアム内演出
 「Love Football番組」内にてSDGs啓発動画放映
  両ゴール裏LED看板告知、及びデジタルサイネージ告知
  試合前SDGsフラッグベアラーの実施
  ※SDGsフラッグは環境に優しい素材のECOトロマットを使用

■スタジアム場内デジタルサイネージ&オンラインでのSDGsクイズ
 SDGsに関するクイズに回答すると、豪華賞品が当たる抽選会を実施!
 30周年事業で開講をした、ガンバ大阪サッカービジネスアカデミーの
 受講生との共同企画イベントとなります。

■秋の体力測定会
 この機会に自分の体力を把握し、健康作りに努めよう!