ガンバ大阪
  • Panasonic
  • ロート製薬(株)
  • umbro
  • (株)ダイセル
  • シップヘルスケアホールディングス(株)
  • (株)東洋ゴム工業
  • (株)セブン-イレブン・ジャパン
  • Sky(株)
  • 吹田市

GAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITEGAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITE

ニュース

リリース日:~

一つ前のニュース

2017.6.28[チーム]

ファン ウィジョ選手入団会見

一つ後のニュース

6/26(月)に発表を致しました、ファン ウィジョ選手の入団会見を行いましたので、コメントを掲載いたします。

山内社長「ファン ウィジョ選手が、城南FCから7/1(土)付けでガンバ大阪へ完全移籍していただくことになりました。簡単でありますが、ファン ウィジョ選手のプロフィールを紹介させていだきます。
1992年生まれの24歳。8月を迎えると25歳であります。184cmの大型FWということで、ガンバ大阪の新たな得点源ということを期待しております。入団以来城南FCで活躍され、韓国代表の経歴は2009年にU-17、2010年にU-20、2012~2014年がU-23の韓国代表でありまして、2015年から韓国A代表ということで各年代の韓国代表でプレーをしている、期待の大型FWでございます。
ガンバ大阪との関係は、城南FCと戦ったACLの戦いでガンバ大阪はアウェイでも万博でもゴールを決められております。それ以来ファン ウィジョ選手をターゲットに交渉を進めておりまして、ガンバ大阪としましては2年越しの恋人ということになろうかと思っています。
ゴール前で徹底した仕事をしてくれるストライカーとして、背番号11を背負っていただくということで、シーズン後半から出場して得点を量産してくれることを期待しております。簡単ですが、紹介は終わらせていただきます。」

ファン ウィジョ「韓国から移籍してきましたファン ウィジョと申します。ガンバ大阪という名門チームに来れたことを本当に感謝したいと思います。途中から合流することになりますが、いち早く合流して、チームに貢献できるように頑張りたいと思います。」

Q「ファン選手に伺いますが、自分のどのようなプレーに自信があるか。また、ガンバ大阪では、どんな役割を果たしたいか教えてください。」
ファン ウィジョ「もともとスピーディーな動きとシュート力に自分で自信があるので、ガンバ大阪でもいろんな選手がいろんな才能を持っていて、自分を生かすことができると思うので、その辺でいっぱい活躍できればと思います。」

Q「この夏にもたくさん韓国からJリーグに加入してきていますが、Jリーグでプレーすることをどのように捉え、どんなメリットが自分自身にあると考えていますか。」
ファン ウィジョ「日本の基本的スタイルはパスをいっぱい繋いで攻撃していくこと、そこが魅力だったので、その面で自分ももっと合わせて生かせられると思ったので、本当に来れてよかったです。」

Q「ガンバ大阪に移籍を決めた理由、決め手を教えてください。」
ファン ウィジョ「もともとガンバ大阪のACLだとか活躍を見てきて、ガンバ大阪が自分を欲してくれたんですが、自分ももともと魅力があると思っていたので、名門チームに来れたことを光栄に思っています。そして、自分が入ることによってちょっとでも貢献して、もっとガンバ大阪が強くなれればなと思います。」

Q「今日はじめて練習に参加されましたが、その練習の中で感じたイメージ、練習してみての感想、変化などどう感じたか教えてください。」
ファン ウィジョ「はじめて練習参加しましたが、気候や気温が韓国と違っているので、そういう面でいち早く適応できるようにしないとだめ。あと、選手ともコミュニケーションがうまく取れていないので、その面も早く慣れればなと思っています。」

Q「もともとガンバ大阪で知っている選手はオ・ジェソク選手などいますが、知っている選手、プレーするのが楽しみな選手がいれば教えてください。」
ファン ウィジョ「もともとジェソクさんだったり遠藤さんについては、2015年度のACLで知っていたのですが、この何年かで知っている選手もいなくなっていて、もっとみんなのことを知らなければいけないなと思いました。」

Q「登録の関係で、早ければC大阪戦でのデビューになるかと思いますが、ガンバ大阪と同じ都市の大阪ダービーという大一番ですが、その関係性をどのくらい知っているのかというのと、その試合に対する意気込みを聞かせてください。」
ファン ウィジョ「もともと大阪ダービーについてはここに来る前からも重要だと聞いていて、今考えてもちょっと緊張もするし、向こうの監督も韓国人の方なのである程度スタイルも知っている部分はあるので、そこで自分で活躍できて、必ず勝てればいいなと思います。」