ガンバ大阪
  • Panasonic
  • ロート製薬(株)
  • umbro
  • (株)ダイセル
  • シップヘルスケアホールディングス(株)
  • 大建工業(株)
  • (株)東洋ゴム工業
  • (株)セブン-イレブン・ジャパン

GAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITEGAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITE

ニュース

一つ前のニュース

2018.3.16[チーム]

Powered by GAMBAplus

2018.3.18(日) 15:00~ 明治安田生命J1リーグ 第4節 △2-2 柏@吹田S
[プレビュー]泉澤・藤春が語るJ1第4節 vs 柏 ― ルヴァンカップで取り戻した自信。柏相手にこの勢いをぶつけたい

一つ後のニュース

明けない夜は決してない。ルヴァンカップの浦和戦ではガンバらしい攻撃サッカーで4対1と浦和を粉砕。クルピ監督の初勝利を飾ったばかりか、昨年から続いていた負の流れをついに断ち切った。
しかし、ガンバのプライドをこう代弁するのは市丸だ。「まだ僕らは1勝しただけ。シーズンを通じて僕らは優勝を目指さないといけない」

リーグ戦では3連敗スタートに甘んじ、最下位のガンバにとって柏戦は巻き返しの第一歩になる重要な一戦だ。中3日で迎え撃つのは昨年リーグ4位の難敵、柏。昨季は公式戦3試合のうち2試合で敗れた相手だが、柏はアウェイのACLから中3日で乗り込んで来る。
柏もリーグ戦では1勝1分1敗と波に乗り切れていないが、クリスティアーノや伊東ら前線には強力なアタッカーが揃っている。浦和戦では守備意識の高さも垣間見せたガンバだが、まずは大崩れしない戦いを意識したい。

今節はクルピ監督が口にする「攻守のバランス」を保つ上で不可欠な今野が戦線復帰する可能性もあるが、攻守両面で戦力が整い始めた今、柏からの勝ち点3の奪取は不可欠だ。
「今は勝ちながらチームとして成長して行きたい」(遠藤)。ホームでの勝利を待ちわびたサポーターの前で、強いガンバを見せつける。

MF39 泉澤 仁「ルヴァンカップではのびのびとプレー出来て、自分らしさを出せたと思っています。開幕からベンチやスタンドで試合を見ていましたが、チーム全体に仕掛ける意識が少し少なかったと思っていました。その分、僕がピッチに立てば仕掛ける姿勢を見せるつもりでした。柏戦でも攻撃を引っ張りたいですし、敵陣のいいところでボールを受けて攻撃の起点になるつもりです。今はとにかく、この流れのままホームで勝ちたい。サポーターの皆さんも勝利に飢えていると思いますし、そのためにもサポーターが納得してくれるような攻めの姿勢を見せます。」

DF4 藤春 廣輝「ルヴァンカップでしっかりと勝利出来た事はチームにとって非常に大きいですし、一つ勝てたことは次につながります。柏戦でもしっかりと勝つつもりです。左サイドでは(泉澤)仁といい関係が作れているし、ボールを前に運んでくれるだけでなく、僕にもいいパスをくれるので攻め上がりやすいですね。柏の前線はJリーグでも屈指。僕がマッチアップする伊東選手はもちろんですが、クリスティアーノ選手を止めれば大丈夫。サイドの攻防をどちらが制するかで勝負が決まると思っています。まずはしっかりと守備で相手を封じながら、チャンスがあれば僕も攻撃に絡みたいですね。」