ガンバ大阪
  • Panasonic
  • ロート製薬(株)
  • umbro
  • (株)ダイセル
  • シップヘルスケアホールディングス(株)
  • (株)東洋ゴム工業
  • (株)セブン-イレブン・ジャパン
  • Sky(株)

GAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITEGAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITE

ニュース

リリース日:~

一つ前のニュース

2018.8.24[チーム]

Powered by GAMBAplus

2018.8.26(日) 19:00~ 明治安田生命J1リーグ 第24節 ●0-3 鳥栖@ベアスタ
[プレビュー]三浦・倉田が語るJ1第24節 vs 鳥栖 ― 鳥栖キラー、渡邉とともにアウェイで勝ち点3を目指す

一つ後のニュース

宮本ガンバにとって、絶対に勝ち点3が必要な試合がやってきた。
「ここで勝つのと負けるのとでは今後が大きく違ってくる」と倉田が話すように16位の鳥栖との直接対決は生き残りを賭けた一戦だ。

真夏の連戦を終え、仙台戦から一週間のインターバルを挟んで挑む鳥栖戦。鳥栖は天皇杯を戦っており、中3日での試合となるだけに日程面では優位に立つガンバだが、やはりリーグ戦に簡単な試合はないことをゲームキャプテンの三浦も自覚している。

リーグ戦では最小得点の鳥栖だが天皇杯では神戸に対して3対0で勝利。新加入のフェルナンド トーレスにも移籍後初ゴールが生まれており、金崎との2トップをいかに封じるかもポイントになりそうだ。
5試合連続で先制点を奪いながら勝ち点3を取りきれていないガンバだが、チームの課題はやはり攻め切る力をつけること。鳥栖戦では3試合連続でゴール中の倉田に加え、過去鳥栖とのリーグ戦で計10得点を叩き出している「鳥栖キラー」渡邉はガンバにとっての確かな武器だ。「いい攻撃がいい守備につながる」(三浦)。

鳥栖に次いでガンバの得点数は少ないが、やはり攻撃の活性化は巻き返しに不可欠。
アウェイのリーグ戦で未だ手にしていない勝利を掴みとる時がやってきた。

DF5 三浦弦太「鳥栖とは下位同士の直接対決なので絶対に負けられません。一週間インターバルが空いての試合なのでいい準備をして挑むつもりです。ここのところSBでの出場が続いていますが、どの役割だろうと監督から求められることをこなしてチームの勝利に貢献するだけですね。勝ちきれない試合が続いていますが、前半は上手く戦えていますし、後半も自分たちのサッカーを見せないとダメ。守りは大事ですが、やはりいい攻撃をすることで相手の攻めを封じることにもつながるのでもっとボールを握るつもりです。鳥栖の前線にも怖い選手が揃っているので僕ら守備陣としてはしっかりと対応したいですね。」

MF10 倉田秋「チームとしてやれていることは増えてきているのは確かですが、結果が出ていないので満足していませんし、もっとチームとして攻守両面で突き詰めることは多いですね。渡邉君が加入したことで、前線にタメも出来ますし、相手としっかりコンタクトしながらセカンドボールも作ってくれるので僕や小野瀬ら2列目の選手にとっても前に絡めるチャンスが増えると思っています。毎試合、大事な試合ばかりですが、特に鳥栖戦は勝つのと負けるのとでは今後が全く違ってきます。下位は僅差でどこも勝ち点差が近いので、ここで連勝できれば抜け出すチャンスだと誰もが自覚しています。」