ガンバ大阪
  • Panasonic
  • ロート製薬(株)
  • umbro
  • (株)ダイセル
  • シップヘルスケアホールディングス(株)
  • 大建工業(株)
  • (株)東洋ゴム工業
  • (株)セブン-イレブン・ジャパン

GAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITEGAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITE

ニュース

一つ前のニュース

2019.7.13[チーム]

2019明治安田生命J1 第19節 ○1-0 清水@パナスタ

一つ後のニュース

前節、FC東京に3ゴールを許し、リーグ戦7試合ぶりの敗戦を喫したガンバ大阪。
今節は仕切り直しの一戦としてホーム・パナスタで清水を迎え撃った。
宮本監督も「順位も近いし、相手には好調な2トップもいる」と語る通り、強力なドウグラス・北川の2トップをいかに抑えられるかがポイントなるであろう試合となった。
その試合のスタメンには福田、食野を起用。そして前節から引き続き先発出場の小野瀬がインサイドハーフで起用された。

試合は立ち上がりに続けて与えたCKのピンチを脱すると、ガンバの攻撃は右サイドから組み立てる。
福田が運び、ウィジョが右サイドに流れ、空いたスペースに小野瀬が走り込み侵入していく。
一方守備では、清水に楔のパスをカットされ、ショートカウンターを許す場面が再三見られ、展開は一進一退の印象。

前半中盤からは、ボールを持ちジリジリ攻め込む清水に対して守勢に回る展開が続くガンバ。
39分には左サイドからのクロスボールを収めきれず、ゴール前でドウグラスにシュートを許すが、東口が片手一本でボールをキャッチしゴールを許さない。

前半終了間際の42分には、右サイドからのスローインを受けた食野が、カットインから左足で鋭いシュートを放つものの、これは惜しくもボールは枠外となり試合を0-0で折り返す。

両チーム交代なくスタートした後半は、開始早々の47分。小野瀬の強烈なミドルシュートからスタート。
そのまま攻勢を強めたいガンバは、56分。前半にイエローカードを1枚もらっていた小野瀬に代えて遠藤を投入する。

60分ころにはその遠藤からのパスが起点となり、右サイドをオーバーラップした福田からゴール前の食野にクロスが通り決定機を迎えるが、相手DFのブロックに遭いこれは得点ならず。

72分には食野に代えてアデミウソンを投入すると、直後の77分には右サイド矢島からのグラウンダーのクロスを受けたアデミウソンが左サイド中村へ展開。その中村がワンタッチでシュートを放つが、相手GKの好セーブに阻まれここでも先制することができない。

両チームゴールが無く一進一退の攻防が続き、スコアレスドローがチラついた88分。
アタッキングサード右でパスワークから崩しにかかるものの、一度ボールロストするが、そのボールを相手選手がクリアミスすると、矢島がそれを見逃さずゴール左隅にコントロールショットを流し込み、試合終了間際に貴重な先制点を挙げる!

アディショナルタイムには清水・ドウグラスにシュートを許すものの、この日安定したプレーで幾度もチームを救った東口を中心に耐え抜き試合終了!

1-0で勝ち切り2試合ぶりの白星獲得。順位を暫定ながら11位に上げた。