ガンバ大阪
  • Panasonic
  • ロート製薬(株)
  • umbro
  • (株)ダイセル
  • シップヘルスケアホールディングス(株)
  • 大建工業(株)
  • (株)東洋ゴム工業
  • (株)セブン-イレブン・ジャパン

GAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITEGAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITE

ニュース

一つ前のニュース

2019.7.14[チーム]

2019明治安田生命J3 第16節 ●1-2 福島@あいづ

一つ後のニュース

前節岩手に敗戦し連勝が2で止まったG大23。今節は17位に低迷する福島に挑む。福島は最近4試合勝利がなく、ホームでの試合もここまでの勝率が14%と苦手にしている。7位のG大23としては何としても勝利を持ち帰り、次節の大阪ダービーに向けて弾みをつけたい試合。
試合が開始してから5分ごろまでは、G大23は福島のロングボールの対応に苦しみ、チャンスを作られる展開が続く。
5分以降は両チームの長所であるポゼッションスタイルでチャンスを伺う展開に。
15分ごろから試合を支配し始めたG大23にビッグチャンス。17分、奥野のロングボールに抜け出した塚元がディフェンダーをかわしキーパーと1対1になるが惜しくもキーパーに阻まれる。その流れから1分後にもチャンス。奥田がダイレクトでエリア外から強烈なシュートを放つがキーパーの正面に飛び、ここも得点につながらない。
得点のチャンスを逃したG大23にピンチが訪れる。22分福島右サイドからの斜めのパスにでフェンスラインの裏を取られキーパーと1対1のチャンスを作られるがシュートは左に逸れ、難を逃れる。
チャンスを逃し福島に流れが行き始めた25分、G大23は苦手のセットプレーから先制点を福島に与えてしまう。
福島右サイドCK。ファーサイドにふんわり上がったボールをヘディングで折り返され、田尻が福島の選手と競り合うがヘディングで押し込まれてしまう。
失点後は福島が良いテンポでボールをつなぐ展開に。
しかし33分、DFラインから丁寧にビルドアップを行う福島にミス。福島GKのパスをカットした芝本が右脚で冷静にシュートを流し込み同点に追いつく!!試合開始から行っていた前線からの積極的なプレスが同点弾につながった!
得点後の38分、福島に決定機。ハーフライン付近からのグラウンダーのスルーパスにDFラインを破られ田尻と1対1に。しかしここは守護神田尻が好セーブ!
両チームチャンスを作る中、45分にG大23に決定機。福島ディフェンスラインの裏に抜け出した奥野が髙木に横パスを送りシュートを放つが僅かにゴール右に逸れ、勝ち越し点を奪えない。
試合は1対1で前半終了。ポゼッション率リーグ1位のG大23と3位の福島がお互いの持ち味を活かした前半となった。

後半最初にビッグチャンスを作ったのはG大23。50分、高木が長い距離を左サイドからドリブルで運び、中に切り込んで右足でミドルシュートを放つがゴール右に逸れてしまう。
後半はG大23がボールを支配する時間が長く、良い形で試合に入る。
66分にもチャンス。髙木とのパス交換で福島DFラインを破った川崎が福島GKと1対1になり右脚でシュートを放つがここも枠から逸れてしまう。
チャンスを決めきれないでいると試合はどちらに転ぶかわからない展開に。
72分、G大23は塚元に代えて長尾を投入する。
長尾がボランチに入り、奥野が左サイドハーフ、川崎がFWになる。
両チームなかなか決定機を作れない時間が続いたが、G大23はまたしてもセットプレーから失点をしてしまう。76分、福島左サイドのニアサイドを狙ったコーナーキックが選手の間を通り抜け、フリーの選手に押し込まれてしまう。
リードを許したG大23は81分、長尾に代えて大野を投入。大野はこれがデビュー戦となる。
失点以降、福島にペースを握られるG大23。85分、福島にペナルティエリア内でフリーでシュートを打たれるがゴール左に逸れる。福島に追加点をなんとか与えない。
この後も試合終了まで大きなチャンスを作れず、1-2で試合終了の笛。

前節に引き続きセットプレーからの2失点で敗れたG大23は2連敗となった。
次節の大阪ダービーに何としても勝利し、この悪い流れを払拭したいところだ。