ガンバ大阪
  • Panasonic
  • ロート製薬(株)
  • umbro
  • (株)ダイセル
  • シップヘルスケアホールディングス(株)
  • 大建工業(株)
  • (株)東洋ゴム工業
  • (株)セブン-イレブン・ジャパン

GAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITEGAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITE

ニュース

一つ前のニュース

2019.7.18[チーム]

Powered by GAMBAplus

2019.7.20(土) 18:00~ 明治安田生命J1リーグ 第20節 △2-2 名古屋@豊田ス
[プレビュー]ヨングォン・宇佐美が語るJ1第20節 vs 名古屋 ― ガンバの至宝の復帰戦。堅守を継続しながら、勝ち切るガンバを見せつける

一つ後のニュース

清水戦ではチームが目指す本来の守備を披露し、矢島が決勝ゴールをゲット。原点回帰の戦いぶりで勝ち切ったガンバが、連勝を目指してアウェイの名古屋戦に挑むことになる。
前節はシュート16本を放ち、迫力ある攻撃を見せつけたガンバだが、名古屋戦で鍵を握るのはやはり安定した守備の継続だ。アンカーの位置で攻守のバランスを担う矢島は言う。「名古屋の前線にも強烈なアタッカーがいる。まず、いい守備を見せたい」

リーグ戦では4連敗中の名古屋だが、前線にはジョーらJリーグ屈指のFWが揃っている。特にジョーが加入後の名古屋に対しガンバはリーグ戦3連敗。いずれも3失点を喫しているだけに、まずは清水戦同様、チーム全体でアグレッシブな守備を見せつけたいところだ。
今節から出場が可能になる宇佐美も「無失点で試合を進めれば、1点か2点は必ず取れる」。セットプレーを含めて名古屋のブラジル人選手たちを90分間封じれば、自ずと勝機は見えてくるはずだ。
一方で、4連敗中に計12失点をしている名古屋の守備につけ込むには高いラインの裏を攻略することだ。「(宇佐美)貴史がいることで出る良さがある」(宮本監督)。宇佐美がもたらす新たな化学反応とともに名古屋に勝ちきりたい。

DF19 キム ヨングォン「敗れたFC東京戦を除けば、最近の試合はずっと失点も少なくやれていますし、守備陣が安定している手応えは感じています。個人的にもコンディションはいいですし、前節は抑えるべきところでしっかりと対応出来ました。失点しないために必要な事柄は練習中からDF陣でコミュニケーションをとっていますし、それが守備の安定につながっていると思っています。名古屋は個々の選手を見れば能力が高いので、相手を侮ることなく、自分たちがやるべきことをしっかりとこなすだけ。勝ち切った清水戦で見せたような戦いを見せたいですね。」

FW33 宇佐美貴史「復帰初戦となる名古屋戦についてはやはり楽しみな気持ちの方が強いです。ただ、特に気負うことなく、自分の持っているものをピッチで出すだけですし、しっかりとチームに貢献したいと思っています。過度に力んでプレーするのは良くないですし、いいメンタリティを保ちながらピッチに立とうと思っています。前節勝利した流れもありますし、名古屋戦も非常に大事な試合。ここで勝てれば、順位的にも浮上できますし、アウェイで強敵を叩けばチームにも自信になる。勝ち点3をしっかりと取ってサポーターに喜んでもらいたいと思います。」