ガンバ大阪
  • Panasonic
  • ロート製薬(株)
  • umbro
  • (株)ダイセル
  • シップヘルスケアホールディングス(株)
  • 大建工業(株)
  • (株)東洋ゴム工業
  • (株)セブン-イレブン・ジャパン

GAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITEGAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITE

ニュース

一つ前のニュース

2019.7.20[チーム]

2019明治安田生命J1 第20節 △2-2 名古屋@豊田ス

一つ後のニュース

前節、試合終了間際の矢島の移籍後初ゴールで勝利を収めたガンバ大阪は、今節はアウェイで9位・名古屋と対戦。
勝利すれば順位が入れ替わるこの試合は、中村がオランダ・FCトゥウェンテ移籍前のラストゲームとなり、そして宇佐美のガンバ復帰戦。
そしてスタメンにはその中村、宇佐美が名を連ね、遠藤が先発出場した。

試合は立ち上がり早々、クリアしきれなかったボールを高い位置で拾われると、左サイドを崩され失点。立ち上がり、いきなり試合が難しくなる。

しかしガンバも直後の8分。
遠藤のDF背後を狙ったパスに反応したアデミウソンがボールを収めると、クリアに出た相手GKをかわして左足を振り抜き、無人のゴールにボールを突き刺してすぐさま同点に追いつく。

その後は両者積極的に相手DFラインの背後を狙うオープンな展開に。
ガンバはアデミウソンが積極的にDFラインの背後を狙い、それに遠藤、菅沼、ヨングォンが合わせてチャンスを作り出して行く。

30分過ぎてからは少し試合展開が落ち着いた中、33分には左サイドから再びピンチを招くと、
中央へ折り返したボールに名古屋・ジョーが合わせシュートを打たれるが、東口がファインセーブを見せピンチを脱する。

そして前半終了間際の44分。
左サイドからのアーリークロスを名古屋・宮原にゴール前で合わせられ失点。1点リードされ試合を折り返す。

後半両チーム交代なくスタートする中、ガンバのベンチが先に動く。
56分に中村に代えて小野瀬を投入。そして68分には遠藤に代えて食野を投入し、矢島がアンカーに下がり、宇佐美がインサイドハーフ、食野が2トップの一角に入る。

攻勢を強めたいガンバだったが、それでもなかなかシュートチャンスを作れないまま時間がだけが過ぎ、そのまま敗戦かと思われた90分+1。
小野瀬の右サイドからのクロスボールにゴール前で宇佐美がヘディングで合わせ同点ゴール!
残りのアディショナルタイムもゴールを許さず2-2で試合終了。
宇佐美の劇的なガンバ復帰弾もあり、昨年逆転負けを喫した豊田スタジアムで勝ち点1を獲得した。