ガンバ大阪
  • Panasonic
  • ロート製薬(株)
  • umbro
  • (株)ダイセル
  • シップヘルスケアホールディングス(株)
  • 大建工業(株)
  • (株)東洋ゴム工業
  • (株)セブン-イレブン・ジャパン

GAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITEGAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITE

ニュース

一つ前のニュース

2019.7.31[チーム]

Powered by GAMBAplus

2019.8.2(金) 19:00~ 明治安田生命J1リーグ 第21節 △2-2 神戸@ノエスタ
[プレビュー]三浦・パトリックが語るJ1第21節 vs 神戸 ― 新戦力のデビュー濃厚。神戸にガンバの真価を見せつける

一つ後のニュース

2週間のインターバルを終え、神戸戦を迎えるガンバだが、頼もしい男たちがチームに加わった。
三冠戦士の一人であるパトリックと、サイドを主戦場とする鈴木を新たに獲得したガンバ。すでに名古屋戦でピッチに立っている宇佐美を含め、新たなガンバが神戸戦でお目見えする。

チームが目指す方向性はすでに確立しつつあるガンバだが、「今の前線にない高さとパワーを持つ」と宮本監督はパトリックがもたらす新たな化学反応に期待を寄せる。
「神戸戦でピッチに立つ準備は出来ている」と気合十分のパトリックだが、その武器はもはや語るまでもないだろう。名古屋戦でも披露した宇佐美のピンポイントパスとパトリックの推進力が攻撃に新たな迫力をもたらすはずだ。レバノン代表のオマリら最終ラインにテコ入れを図った神戸だが、「神戸キラー」の宇佐美も「点を取るイメージは出来ている」とキッパリ。

現在、3連敗中の神戸だが、気をつけたいのが外国籍選手の個の力である。ホームでは3対4で競り負けたガンバだがやはりビジャらを封じることが勝利に欠かせない。
そしてこの試合でピッチに立てば、遠藤はプロでの公式戦出場数がJリーガーとして前人未到の1,000試合に到達する。鉄人の新たな足跡にも注目だ。

FW18 パトリック「ガンバで再び試合に出られるのが待ち遠しくてしょうがないですし、僕自身もコンディションは上々です。以前所属していた時に知っている選手も多いですし、アデミウソンらといいコミュニケーションが取れているので、連携も全く問題ありません。神戸はいい外国籍選手がいて、パスをしっかりつないできますが、僕に与えられた役割はゴールを獲ることだと自覚しています。僕にとって家みたいな存在であるガンバに戻って来られたことでモチベーションも非常に高いですし、ガンバを上位に押し上げることだけを意識したいですね。」

DF5 三浦弦太「僕自身は名古屋戦を欠場しましたが、もうコンディションは大丈夫ですし、2週間のインターバルを生かして神戸戦に向けしっかりとチームとしても調整して来ました。神戸は今3連敗という状況ですが、やはり前線には強力なアタッカーもいるので、そこに対してはしっかりとケアする必要がありますね。ホームの神戸戦は打ち合いの末に負けてしまいましたが、その反省を忘れず、相手のFWを警戒してプレーするつもりです。名古屋戦は2失点しましたが、チームとして狙いとする守りは出来ていますし、やってきたサッカーを継続するだけですね。」