ガンバ大阪
  • Panasonic
  • ロート製薬(株)
  • umbro
  • (株)ダイセル
  • シップヘルスケアホールディングス(株)
  • 大建工業(株)
  • (株)東洋ゴム工業
  • (株)セブン-イレブン・ジャパン
  • スポーツオーソリティ

GAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITEGAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITE

ニュース

一つ前のニュース

2018.4.15[チーム]

2018明治安田J3 第7節 △ 1-1 長野@パナスタ

一つ後のニュース

開幕戦からのホームでの連勝記録を伸ばしていきたいガンバ大阪U-23。
今節は通算対戦成績で未だ勝利したことがない難敵・長野をホームに迎えた。
先発メンバーには昨日のトップチームの遠征に帯同した芝本、菅沼、林、井出が名を連ね、ベンチには怪我で離脱していた市丸、妹尾が入った。

試合は序盤からガンバが終始攻撃をする。
何度となく相手バイタルエリア内で攻撃を展開してゴールに迫り、矢島の惜しいシュートなど何度も見せ場を作るものの、なかなか得点には繋がらない。
そんな中迎えた23分には一瞬の隙を突かれ先制ゴールを許してしまう。
しかし36分には井出のミドルシュートがゴール隅に決まり、同点に追いつき試合を折り返す。

後半頭からは妹尾が投入され戦列復帰を果たし、勝ちきるためにゴールを奪いに行こうとするが、守備から攻撃に転じようとする際のミスが目立ち、逆に相手に何度もペナルティエリア内にボールを運ばれる危ない場面が続く。しかし守備陣も集中を切らさず、体を投げ出した必死のブロックでなんとか失点を防いでいく。
その後も自陣深い位置でのミスを相手に拾われ危ないシーンを招くなど、苦しい展開を強いられる。
76分には後半最大の見せ場であったペナルティエリア付近の絶好の位置での直接フリーキックを得るも、森がこれを決められず勝ち越すことが出来ない。
80分には髙木に代えて福田を投入しゴールを目指すも、そのまま1-1で試合終了。

この試合でガンバ大阪U-23は順位を1つ落として6位となった。