ガンバ大阪
  • Panasonic
  • ロート製薬(株)
  • umbro
  • (株)ダイセル
  • シップヘルスケアホールディングス(株)
  • 大建工業(株)
  • (株)東洋ゴム工業
  • (株)セブン-イレブン・ジャパン

GAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITEGAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITE

ニュース

2019.5.18[チーム]

2019明治安田生命J1 第12節 ○1-0 C大阪@パナスタ

一つ後のニュース

J1リーグ第12節はホームでの大阪ダービー。
この試合は試合開始前時点で暫定18位となったガンバにとって、決して勝ち点を取りこぼすことのできない大切な一戦となった。
その試合のスタメンには髙尾、髙江、福田などの若手が大抜擢されるサプライズがあり、フレッシュな顔ぶれで試合に臨む。
立ち上がりはダービーらしく両者一歩も引かない激しい展開。
2列目の左サイドで起用された福田が6分、8分と積極的にゴールを狙う。
13分には相手DFのバックパスに反応したウィジョが相手GKと1対1の決定機を迎えるが、これは惜しくもシュートはセーブされチャンスを活かしきれない。
すると試合は徐々に相手のペースに。クリアボールが前線のアデミウソン、ウィジョに収まらず自陣深くに下げられる時間が続くと、アタッキングサードでのプレーを許す場面が増えて行く。
一方、少ないチャンスを活かしたい攻撃は右サイドでは小野瀬が、左サイドでは倉田が相手陣内深い位置まで侵入し攻勢を仕掛ける。
しかし決定機までには至らないまま、前半は両チーム攻め手を探り合いながらもスコアは動かず試合を折り返す。
両チーム交代無く始まった後半は49分。相手のロングスローからゴール前でピンチを招くが、東口が身体を投げ出したセーブを見せ失点の危機を脱すると、迎えた55分に待望の瞬間が。
髙尾からの楔のパスを受けた髙江が反転しペナルティエリア内の倉田にパスを通すと、それを受けた倉田が右足一閃でゴールネットを揺らし貴重な先制点を奪う!
先制後は攻勢を強める相手の攻撃に、受けに回る時間が続くがGK東口を中心に耐え凌ぐ。
68分には負傷した髙江に代えて前節J1リーグ初ゴールを決めた食野を投入。追加点を奪うため攻勢を強める。
そして73分には先制点を挙げた倉田に代えて今野を投入。
その後は時間の経過と共に徐々にオープンな展開になる中、交代で入った食野が競り合いでの強さを見せるなど、球際での強さを発揮したディフェンスで防ぐ。
88分にはその食野がペナルティアーク付近から鋭いシュート放ち攻撃の手を緩めない。
その後はアディショナルタイムに与えたセットプレーも全員で跳ね返してゴールを守り抜き、クリーンシートで試合終了!
待望の今季リーグ戦ホームでの勝利を手にし、この勝利で順位は14位となった。