ガンバ大阪
  • Panasonic
  • ロート製薬(株)
  • umbro
  • (株)ダイセル
  • シップヘルスケアホールディングス(株)
  • 大建工業(株)
  • (株)東洋ゴム工業
  • (株)セブン-イレブン・ジャパン
  • スポーツオーソリティ

GAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITEGAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITE

ニュース

2018.7.19[チーム]

Powered by GAMBAplus

2018.7.18(水) 19:00~ 明治安田生命J1リーグ 第16節 ●0-4 広島@Eスタ
[レビュー]痛恨の退場響き、広島に4失点。ガンバが再開初戦を落とす

一つ後のニュース

2ヶ月ぶりに再開されたJリーグ。現在16位という悔しい順位に甘んじるガンバにとって、首位広島戦は巻き返しに向けた弾みをつけるべき一戦だった。
ガンバの攻撃を牽引すべきアデミウソンが戦線復帰し、敵地で目指したのはあくまでも勝ち点3の奪取のみ。「自分の存在がチームにとってのモチベーションになればいい」とアデミウソンはこう意気込みを口にしたが、立ち上がりは藤春に代わって先発した初瀬が左から積極的な仕掛けを見せてCKを得るなど、ガンバが広島を押し込んでいた。

「中断前は失点が多かったので、中断期間中には攻守のバランスを取ることが意識した」(遠藤)。過酷な夏場の戦いでは先手を取られないことも重要になることを意識していたチームに8分、思わぬアクシデントが降りかかる。
イーブンのボールを競り合った際、ファビオが痛恨の退場処分。「2トップをそのまま残しておくというのは非常に厳しい選択になるので、どちらかを外さなければいけない」(クルピ監督)。開始早々、数的不利を強いられたガンバだったが、指揮官は13分にファン ウィジョに代えて菅沼を投入する。
「試合開始早々の退場という判定が、ゲームの流れに大きく影響した」とクルピ監督はファビオの退場を悔やんだが、それでもガンバは攻め気を忘れない。
17分には倉田が鋭いカウンターを繰り出し、シュートを放ちCKをゲット。しかし、26分には警戒していたパトリックへのクロスから痛恨の先制点を献上すると41分にも再びクロスから2点目を与え、ガンバが試合を折り返す。

2点のビハインドを追うガンバだったが、49分にも広島のサイド攻撃から3点目を許すと、やはり数的不利が響いて、効果的な攻撃を繰り出せない時間帯が続いていく。
68分には「ルヴァンカップの広島戦でいいイメージがある。使ってもらえたら結果にこだわりたい」と意気込む若武者、食野を投入し、75分にも中村をピッチに送り込むも決定機を作り出すには至らない。
前半から10人で苦しい戦いを余儀なくされていた選手たちの足が止まり始めた86分、広島のロングカウンターから4点目を与えたガンバ。シュート数はわずか3本で決定的な場面は皆無に近かったが、10人でリーグ最少失点を誇る広島を崩しきるのは至難の技だった。
「絶対にやったらアカン試合だし、サポーターの方に申し訳ない」と東口は悔しげに振り絞ったが、ガンバにとっては悔やまれる試合展開となった。