ガンバ大阪
  • Panasonic
  • ロート製薬(株)
  • umbro
  • (株)ダイセル
  • シップヘルスケアホールディングス(株)
  • 大建工業(株)
  • (株)東洋ゴム工業
  • (株)セブン-イレブン・ジャパン
  • スポーツオーソリティ

GAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITEGAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITE

ニュース

2018.2.22[チーム]

Powered by GAMBAplus

2018.2.24(土) 14:30~ 明治安田生命J1リーグ 第1節 名古屋@吹田S
[プレビュー]藤春・遠藤が語るJ1第1節 vs 名古屋 ― 「奪還」への第一歩。新生ガンバが名古屋を迎え撃つ

一つ後のニュース

「サポーターが後押ししてくれることを期待しているし、選手たちの好パフォーマンスと勝利で応えたい」(クルピ監督)。新生ガンバにとって初の公式戦となる名古屋戦は今季チームが目指す方向性の一端を示す場だ。
「攻撃的なサッカーを目指す」と選手個々の良さを活かす組み合わせを模索して来たクルピ監督だが、徐々にその顔ぶれは定まりつつある。攻撃サッカーの復権を果たす上で欠かせない大黒柱の遠藤は「今季は自分たちでボールを握るサッカーをしたい。そのために自分の経験を還元したい」とキッパリ。

チームベースに大きな変化はない2018シーズンのガンバだが、ブラジル人指揮官は始動から一貫して「サッカーに年齢は関係ない」とベテランや若手という尺度にとらわれず、チーム作りを進めて来た。昨季まで積み上げて来た攻守の切り替えの速さを活かしつつも、要所では個のアイデアや技術を発揮するのが今季のガンバ。倉田も「攻撃では自由を与えられている」とより積極的な仕掛けに意欲を見せる。

J1昇格組の名古屋だが要警戒は新加入の元ブラジル代表、ジョーと2列目のキーマン、ガブリエル シャビエルのブラジル人コンビである。ファビオや三浦らが名古屋の強力アタッカーを封じれば、自ずとガンバの勝機も高まるはずだ。

DF4 藤春廣輝「昨年終盤は長らくリーグ戦で勝てないまま終わりましたけど、去年のリーグ戦序盤はいいスタートを切れたのでやはり、今年もいいスタートを切りたいと思っています。そのためにも初戦の名古屋戦で勝つかどうかは非常に重要になると思います。ホームで戦えるのでしっかりと勝ちたいですね。名古屋戦以降も手強い相手との戦いが待っているので、何としても名古屋にしっかりと勝ちたいです。名古屋はJ2からの昇格組ですが、いい選手も揃っているので簡単な試合はならないはず。大勢のサポーターも来て下さると思いますし、いい試合を見せるつもりです。」

MF7 遠藤保仁「若い選手にはのびのびとプレーさせたいですが、ボランチは大事なポジションです。彼らに何かがあれば僕も試合中に、いいサポートをするつもりです。トップ下で出場した場合にはプレスのスイッチを前からしっかりと入れて、後方の選手が守りやすくなるように心がけるつもりです。徳島との練習試合ではそこが課題として出ましたから、名古屋戦では上手く連動しながらプレスをかけたいですね。監督も変わったので全てが最初から完璧に行くとは思っていませんが、上位陣との対戦が続きますので、開幕からいいスタートを切るつもりです。」

名古屋グランパス戦のチケットは好評発売中!!ご来場お待ちしております!!