ガンバ大阪
  • Panasonic
  • ロート製薬株式会社
  • umbro
  • SHIP HEALTHCARE
  • 大建工業株式会社
  • TOYO TIRES
  • セブン-イレブン
  • 大阪国際大学
  • スポーツオーソリティ
  • 追手門学院大学
  • 朝日新聞

GAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITEGAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITE

ニュース

一つ前のニュース

2017.4.15[チーム]

明治安田J3 第5節●0-2長野@吹田S

一つ後のニュース

どうしても1勝が欲しい、明治安田生命J3リーグ第5節AC長野パルセイロ戦。また、対戦相手のスタメンには2015シーズンまで所属し、タイトルを共に多く獲ってきた明神選手の名前が。違った意味での楽しみもあるが、ファン・サポーターと選手が望むのは勝利のみ。
宮本監督は、今シーズン4戦連続で先発した谷に代えて林を先発に起用した。
長野ボールでキックオフした開始早々の1分。ゴール前立て続けに打たれるシュート。バーに当たるヘディングシュートに林が大きく反応するが、跳ね返ったボールを詰め込まれて先制を許す。
追いかける展開に、1分でも早く、自分達のゴールが欲しい。
12分にはガンバにチャンスが。左からのクロスに一美がニアサイドに張り付き、ボールを受けようとするも前に入られる。「長野は経験のある選手が多い。勝負どころを知っている。」と試合前に宮本監督が語ったように、こういったポジションや体の入れ方で、チャンスが潰れる。相手選手が触ってゴールラインを割ったため、CK。中原がゴール前にボールを入れるも、GKにパンチングでクリアされてしまう。
前半、除々にペースを作る。24分にはCKの流れから森がボールをキープ。ゴール前へのクロスに嫁阪が飛び込むが、GKに触られて得点ならず。
クロスや平尾のロングシュートや、髙江のドリブルからのシュートなどゴール前まで持ち込むもフィニッシュで決めきれず、40分にはFKのロングボールを一美、平尾がクリアするも、最後ボールは平尾の足に当たって自陣のゴールへ。2点のビハインドで前半を折り返した。
ハーフタイム、宮本監督の激が飛んだ。「勝つ気はあるんか?あるなら後半やろうや!どんどんシュート打てばいい。点を取りに行け。このまま「0」では終わるな!!」
選手同士でも前半の課題を話し合い、後半に向けて白井と芝本を入れて後半に臨んだ。
前半に変わって後半、自分達のペースが掴めずに守る時間が増える。
しかし、生まれるチャンスはゼロではない。52分には妹尾が受けたロングボールからドリブルで切り込む。78分には、後半から出場した芝本、白井のコンビネーションでゴールを狙うもGKに阻まれてしまう。
打ち込まれる攻撃に、林もしっかり反応し後半無失点でゴールマウスを守る。88分の打点の高いヘディングにも反応した。
90分+2には、左サイドで細かいパスをつなぎながら右に展開。平尾がクロスを上げるたがクリアされるなど、最後まで自分達のペースを取り戻すことに挑戦するも、試合終了を告げるホイッスルが鳴り、0-2で試合終了。
残念ながら、初勝利はお預けとなった。次節アウェイの福島戦での初勝利に向けて、「練習などトライし、選手へのアプローチを含めてスタッフとも相談しながらやっていく(宮本監督)」
引き続き、ガンバ大阪U-23への熱い声援をお願いいたします!!