ガンバ大阪
  • Panasonic
  • ロート製薬株式会社
  • umbro
  • SHIP HEALTHCARE
  • 大建工業株式会社
  • TOYO TIRES
  • セブン-イレブン
  • 大阪国際大学
  • スポーツオーソリティ
  • 追手門学院大学
  • 朝日新聞

GAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITEGAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITE

ニュース

一つ前のニュース

2017.7.10[チーム]

Powered by GAMBAplus

[レビュー]不運な失点に泣いた若きガンバ。後半の猛攻実らず、連勝を逃す  

一つ後のニュース

栃木に逆転勝利を飾り、今季初の連勝に向けて一つのベクトルを重ね合わせていたガンバ大阪U-23。「連勝に向けて複数得点も目指しながら、まずは先に失点しない戦いをしたい」と平尾が試合前、代弁したチームのコンセプトは不運な形で崩れてしまう。

藤枝のロングボールで始まった攻撃の混戦で、オフサイドトラップをかけたはずのガンバ大阪U-23だったが13分、昨季ハットトリックを許した枝本に先制点を献上。追う展開を強いられた若きガンバは28分にも藤枝のサイド攻撃に揺さぶられ、最後はミドルシュートを許し、2点のビハインドを背負う苦しい戦いを強いられた。
「立ち上がりのところで受け身になってしまったことが、0対2につながってしまった」と宮本監督はチームの課題とする試合の入りを悔やんだが、選手たちは前節の逆転勝利がフロックでないことを示す反発力を見せつける。

「攻撃面は試合のたびに良くなっているのを皆が感じている」(妹尾)。2点を追う若きガンバを勇気づけたのは前節、一美のゴールに刺激を受けていた郡だった。
「シーズン序盤に比べると今は手応えもあるし、点を取れる自信がある」(郡)。37分、芝本のFKで絶妙のヘディングシュートを放った郡が今季3点目で追撃の狼煙を上げるとガンバ大阪U-23が2試合連続の逆転勝利に向けて、チームの成長の跡を随所で発揮した。

67分には小気味よいパスワークから高江がペナルティエリア外から強烈なミドルを披露。70分にもゴール前でパスを受けた郡が枠内シュートを放つなど徐々に、得点への香りが漂い始めていく。
後半最大のビッグチャンスは81分だった。平尾が右サイドを突破。絶妙のクロスを供給するも、フリーの足立丈のヘディングシュートは枠をとらえない。
その直後の82分、自陣から藤枝が放った超ロングシュートがバーを直撃。後半、唯一の決定機を許したガンバ大阪U-23だったが、宮本監督も攻撃へのギアを上げる強気なカードを切り続けた。
83分、特別指定選手の和田を最前線に投入。193センチの高さを持つ和田の初起用で同点ゴールを目指すとアディショナルタイムには郡が「守備だけでなく、攻撃でチームに貢献したい」と話していた思いをプレーで体現。左サイドから突破し、和田に好クロスを供給するも、最後の一歩が及ばなかった。

2試合連続の逆転勝利は逃したが、「ビハインドの中で、選手がファイティングポーズを取って、相手を上回る走力だったり、ゴールに向かう姿勢だったりを見せてから、成長につながるような試合を選手がした」(宮本監督)。

敗れはしたが、確かな成長曲線を描いている若きガンバにとって、次節につながる後半の戦いぶりだったのは間違いない。