ガンバ大阪
  • Panasonic
  • ロート製薬株式会社
  • umbro
  • SHIP HEALTHCARE
  • 大建工業株式会社
  • TOYO TIRES
  • セブン-イレブン
  • 大阪国際大学
  • スポーツオーソリティ
  • 追手門学院大学
  • 朝日新聞

GAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITEGAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITE

ニュース

一つ前のニュース

2017.9.7[チーム]

Powered by GAMBAplus

2017.9.9(土) 19:00~ 明治安田生命J1リーグ 第25節 ●1-2 神戸@吹田S
[プレビュー]倉田・長沢が語るJ1第25節 vs 神戸 ―ルヴァンカップ快勝の勢いをリーグ戦の連勝へ―

一つ後のニュース

ルヴァンカップで4年連続の準決勝進出を果たしたガンバが、巻き返しを目指すリーグ戦で神戸を迎え撃つ。

「まだ僕らはリーグ戦も諦めてはいない」と倉田が言い切るように、リーグ戦では一戦必勝がガンバのスタンスだ。夏場は思わぬ足踏みを強いられたガンバだが、リーグ戦の前節は苦手としていたアウェイの鳥栖に3対1で快勝し、5試合ぶりに勝利。「FWが決めれば、チームの結果が変わるというのが改めて分かった」と長沢は和製エースとしての役割を改めて自覚したが、チームは徐々に本来の鋭い攻撃を取り戻し始めている。

ルヴァンカップ準々決勝の2試合では藤春が泉澤との連携で左サイドを制圧。神戸のストロングポイントでもある小川をケアしながら、鋭い攻撃参加を見せていた藤春からのクロスは次節もガンバの武器になるはずだ。
アウェイの神戸戦でも決勝ゴールを叩き込み、直近の神戸戦では3試合中2得点を奪っている長沢も「両サイドの攻めが機能しているので、次も決めたい」と意気込みを口にする。

11日間で3度目の顔合わせとなる神戸でやはり警戒が必要なのは世界基準の個を持つルーカス・ポドルスキ。ルヴァンカップで見せたしたたかな戦いぶりで神戸に勝ち切り、リーグ戦での連勝を飾りたい。

MF10倉田秋「鳥栖戦以降、いい流れでここまで来られているし、リーグ戦に関してもまだ僕らは諦めていません。これから先の試合を全て勝てば、何かの可能性も起きるかもしれないし、それを信じてやっていくだけです。神戸に対しては僕らの嫌なイメージはつけられたと思いますけど、次は相手も強い気持ちで来ると思うのでルヴァンカップで戦った時以上の強い気持ちで挑むつもりです。今の僕らの課題は最近の試合で前半に点が取れていないこと。焦りはありませんが、前半に取れないとしんどい試合になってしまうので、より決め切るところは意識したいですね。」

FW22長沢駿「ルヴァンカップで対戦した時には、神戸にボールを持たれる時間も長かったですし、ポドルスキが下がってボールをさばくので、そこに対してはFWの1枚がケアしないといけません。ただ、第2戦みたいに、僕らが先手を取れれば試合の流れは持って来ることが出来ると思っています。次の神戸戦もやはり先制点が鍵になるのかなと思います。うちの左サイドはルヴァンカップでも良かったし、中央で待つ僕らがものにしないといけない。神戸も韓国代表GKが戻って来るので、ゴール前でのシュート精度に関しては意識したいと思います。」