ガンバ大阪
  • Panasonic
  • ロート製薬株式会社
  • umbro
  • SHIP HEALTHCARE
  • 大建工業株式会社
  • TOYO TIRES
  • セブン-イレブン
  • 大阪国際大学
  • スポーツオーソリティ
  • 追手門学院大学
  • 朝日新聞

GAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITEGAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITE

ニュース

一つ前のニュース

2017.11.3[チーム]

Powered by GAMBAplus

2017.11.5(日) 14:00~ 明治安田生命J3リーグ 第30節 ○4-3 F東23@吹田S
[プレビュー]一美・林が語るJ3第30節 vs FC東京U-23 ― 同世代対決に燃えるガンバ大阪U-23。FC東京U-23にアウェイの借りを返したい

一つ後のニュース

2試合ドローが続くガンバ大阪U-23だが、前節北九州相手に見せた猛攻は、チームに大きな自信を与えている。
「試合の内容も良かったし、去年までJ2にいた相手から2点が取れた」と話すのは前線で献身的にハードワークし続けた一美だ。

トップで活動中の妹尾や平尾が加わったことで個の力が加わったガンバ大阪U-23だが「誰が出てもやるべきサッカーは大きく変わらない」と守護神の林は力を込める。
6月にアウェイで対戦した際には0対1で惜敗した若きガンバだが「6月に対戦した時は相手の方がしっかりとボールを動かしていた。今、我々がどれぐらい出来るのか成長具合を図る試合になる」と話すのは宮本監督だ。
前節、J3初ゴールを決めた芝本や、明らかに個の打開力で違いを見せ始めている食野を軸に、ガンバ大阪U-23が目指すコレクティブなサッカーを体現し始めている選手たち。今季まだ同世代のU-23チームには勝利がないだけに、FC東京U-23相手にきっちりと勝利を収めたい。

一方のFC東京U-23も直近の6試合は3勝2分け1敗と調子を上げている。試合によってはJ1で実績あるオーバーエイジも用いるFC東京U-23だが互いに志向するのはボールをつなぐサッカー。
「同世代の選手にはもう負けられないし、次は勝つ」と一美が力強く語った言葉を体現するだけだ。

FW33 一美和成「北九州戦は試合の内容も悪くなかったし、2点取れたのも手応えになりました。先発のメンバーが多少変わっても、僕らが目指すサッカーは変わりませんし、僕がやるべきことは恒さんから常に要求されてきた前線で起点になりながらゴールを狙うことです。次の試合でも自分のやるべきことをやりたいと思います。
前節、僕が前線で相手GKと競り合ったこぼれ球から芝本の得点が生まれたのは嬉しかったですし、自分の成長だとも思います。今季、U-23チームにはまだ一度も勝利がないので次こそは勝ちきれるようにやっていくだけです。」

GK31 林瑞輝「前節は結果にはつながりませんでしたけど、いい内容のサッカーが久しぶりに出来たと思っていますし、決定機も多かっただけに勝ち切りたかった試合でした。ただ、相手の数少ないピンチで決められてしまうのはGKとして悔しい試合。FC東京U-23戦では、僕がしっかりと危ない場面を防いで勝ち切りたいと思います。
2試合連続で引き分けていますが、まず負けないようにしっかりと守備の安定を考えるつもりです。最終ラインでは誰が出場しても日頃同じ練習をしているメンバーなので問題はない。僕もしっかりとコーチングするつもりです。」