ガンバ大阪
  • Panasonic
  • ロート製薬(株)
  • umbro
  • (株)ダイセル
  • シップヘルスケアホールディングス(株)
  • 大建工業(株)
  • (株)東洋ゴム工業
  • (株)セブン-イレブン・ジャパン
  • スポーツオーソリティ

GAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITEGAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITE

ニュース

一つ前のニュース

2018.5.17[チーム]

Powered by GAMBAplus

2018.5.16(水) 19:00~ JリーグYBCルヴァンカップ 第6節 ●1-4 名古屋@吹田S
[レビュー]不用意な失点で後手に。名古屋に敗れたもののガンバがプレーオフ進出を決める

一つ後のニュース

勝てばもちろんだが、引き分けでもプレーオフステージ進出が決まる有利な立ち位置でルヴァンカップのグループステージ最終節を迎えたガンバ。
「広島戦の勝利を無駄にしてはいけない」と藤本が話したように、誰もがプレーオフステージ進出へモチベーションを高めていた。

相手は既に敗退が決まっている名古屋だが「サッカーは何が起こるかわからない」というのがレヴィー クルピ監督の口癖だ。だからこそ、指揮官は中2日で浦和との大一番が待つにも関わらず倉田やファン ウィジョ、三浦ら主力を投入し、名古屋を迎え撃った。
「受け身になるとしんどい試合になる可能性もある。まず先手を取れるようにアグレッシブに戦いたい」(長沢)。しかし、立ち上がりからサブ組主体の名古屋の勢いに押され、ガンバが苦しい試合の入りを強いられた。
15分にはCKから失点。早くも追う展開を強いられたが、ガンバも黙ってはいなかった。失点直後の20分には藤本のクロスに長沢が飛び込んで、試合を振り出しに戻す。
本来であれば、一気に勢いづくはずのガンバだったが「プレッシャーもかけ切ることが出来ず、イージーなミスが多かった」(倉田)。名古屋のハイプレスに苦しんだガンバは思うようにパスを回せず、ボールロストからカウンターを招く苦しい展開に。
24分にペナルティエリア内で与えた間接FKから痛恨の2点目を許したガンバだが、きっかけは中盤でのボールロストから招いた相手カウンターだった。
41分にも痛恨の3点目を許したガンバ。2点差をひっくり返して大逆転勝利を収めた前節の再現を目指すべく、後半から食野と中村を投入し、反撃を目指したが後半開始早々となる48分にもあっさりと4点目を許し、万事休す。

「広島戦では自分のゴールが反撃へのきっかけになった。また起用されたら、しっかりと結果にこだわりたい」と話していた食野がサイドでアクセントになり、徐々にガンバがペースを握り返す。
71分には食野がサイドを切り崩して中村にラストパス。狙いすました一撃は相手ゴールキーパーの好守に阻まれたが、後半は互角以上の戦いを見せたものの、やはり3点のビハインドは重すぎた。
1対4で完敗し、自力でのプレーオフステージ進出とはならなかったガンバだが、3位の広島が浦和に敗れたことで2位を確保。「他会場の結果に救われたが、突破できてよかった」と話したのは藤本だ。
名古屋戦は完敗に終わったが、6試合の積み重ねがプレーオフステージ進出をもたらした。