ガンバ大阪
  • Panasonic
  • ロート製薬(株)
  • umbro
  • (株)ダイセル
  • シップヘルスケアホールディングス(株)
  • 大建工業(株)
  • (株)東洋ゴム工業
  • (株)セブン-イレブン・ジャパン
  • スポーツオーソリティ

GAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITEGAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITE

ニュース

一つ前のニュース

2017.8.20[チーム]

Powered by GAMBAplus

2017.8.20(日) 15:00~ 明治安田生命J3リーグ 第19節 ○2-0 盛岡@北上
[レビュー]若きガンバが見せた確かな進化。盛岡に快勝し、再開スタートで好発進を切る

一つ後のニュース

1カ月ぶりの開催となる盛岡戦でガンバ大阪U-23が、中断期間中に積み上げて来た成果を見せつけた。

若きガンバが今季奪って来た10得点中、9得点をゲットして来た一美と郡、妹尾が不在という顔ぶれだったが、若き指揮官は盛岡戦に向けて確かな自信を持っていた。
「中断期間中に改善されたのは守備面。特に前でボールを奪えるようになってきた」(宮本監督)。
中断前は一美と郡の大型2トップを最大限に活かすスタイルを志向していたが、盛岡戦のピッチに送り出されたのは森と髙江の2トップ。高さという武器は失ったものの平尾は「下でつないで崩せばいい」。

中断期間中に行なった練習試合で新たな方向性も模索していたチームは、立ち上がりから随所で狙いとする攻撃を披露する。
8分には芝本を起点に、髙江が前線に飛び出すと森にGKとの一対一をお膳立て。惜しくも得点にはつながらなかったが、ガンバ大阪U-23がボールを支配し、リーグ戦前半の課題だった試合の入りに成功する。
そして、盛岡戦までの18試合では一度もなかった歓喜の瞬間が前半に訪れる。15分、前線からの連動したプレスで盛岡のクリアミスを誘発するとこぼれ球を冷静に蹴り込んだのはプロ初ゴールに飢えていた髙江だった。
「狙いとする形で、ショートカウンターの形で点も取れた」と宮本監督はしてやったりの表情だったが、洗練されたプレスは、若きガンバのストロングポイントの一つである。
今季初めて生まれた前半の得点が試合に飢えていた選手たちの勢いを更に加速。35分にはボールポゼッションを活かしながら盛岡を押し込み、こぼれ球を中原が豪快に蹴り込んだ。

2対0。完璧に近い45分を終え、試合を折り返したガンバ大阪U-23だが宮本監督のスタンスにブレはなかった。
「もう一回守備から、次の1点を取って行こう」。
一美と郡が不在だけに、あくまでも軸となる戦いかたはハードワークを軸としたショートカウンター。しかし、ホームで負けられない盛岡に後半は苦しい時間帯を強いられる。
52分にゴール前の混戦から警戒していた谷口にポスト直撃弾を放たれ、冷や汗をかいた若きガンバだが、55分には食野がポストを叩くミドルシュートを放って、盛岡を突き放しにかかる。
「後半は少し足が止まってしまった」と宮本監督も運動量の低下を認めながらも、ベンチに座るフィールドプレーヤーはわずか2人。選手交代で勢いづく盛岡に対して、苦しい時間帯を強いられたがチーム全体で体を張り続け、90分をしのぎきった。

「プレスの掛け方とか前線からはめることも中断期間中には意識した。そこが機能すればいい戦いは出来る」と中原が言い切った通りの展開で再開初戦を白星発進。ガンバ大阪U-23の進化はまだまだ止まらない。