ガンバ大阪
  • Panasonic
  • ロート製薬株式会社
  • umbro
  • SHIP HEALTHCARE
  • 大建工業株式会社
  • TOYO TIRES
  • セブン-イレブン
  • 大阪国際大学
  • スポーツオーソリティ
  • 追手門学院大学
  • 朝日新聞

GAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITEGAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITE

ニュース

一つ前のニュース

2017.9.4[チーム]

Powered by GAMBAplus

[レビュー]完璧だった90分。戦略通りの戦いでガンバがベスト4に進出

一つ後のニュース

ベスト4進出の切符を賭けたルヴァンカップ準々決勝の第2戦。神戸をホームで迎え撃ったガンバの攻め切るという姿勢は、開始早々の決定機に現れていた。
第1戦でも再三、左サイドを切り裂いた藤春の突破から長沢がクロスに飛び込むもゴールはならず。「自分が点を取ることで勝利に貢献したい」と点取り屋の自覚に燃える長沢を軸にガンバは神戸のゴールをこじ開けにかかったが、チームは同時にリスク管理を決して忘れてはいなかった。
「僕らが先制することは大事だけど、先に失点しないことも重要になる」(遠藤)。アウェイゴールを決めれば、引き分けでも勝ち上がりが決まる神戸の立ち位置はルヴァンカップを知り尽くす選手たちも自覚済み。「失点すると厳しい状況になるので、慎重に試合に入った」と振り返ったのはバイタルエリアで徹底的に神戸の攻撃の芽を摘みまくった今野である。

第1戦で神戸のキーマン、ルーカス・ポドルスキが起点となる攻撃は全員が認識済み。スコアレスで推移した前半を終え、勝負の後半を迎えたガンバが後半早々に勝負強さを見せつける。
「相手がゾーンだったのでいいボールを蹴れば、チャンスになると思っていた」。拮抗した展開ではセットプレーも鍵を握ることを知り尽くす遠藤のキックを長沢が頭で合わせガンバが待望の先制点を奪い取る。
秀逸だったのは、先制してからのアグレッシブな戦いぶりだった。決して受け身になるのではなく、長沢らが高い位置から献身的なプレスを敢行。「コンパクトに戦えた」と長谷川監督はチームの連動性に手応えを口にしたが神戸に付け入る隙を与えることなく、逆に64分には第1戦でも果敢な攻撃参加を見せていたオが「ホームではアシストを狙いたい」と話していた通りのクロスで泉澤の追加点をお膳立てした。

第1戦ではゴール前に鋭く飛び出して来るポドルスキに手を焼かされたガンバだったが第2戦では「中盤である程度、プレーはさせてもゴール前に入って来た時にタイトに行くというのが上手くやれた」(今野)と元ドイツ代表アタッカーを完璧に封じ切った。
ハーフナー・マイクや田中順也ら元日本代表をピッチに送り出しスクランブル気味に反撃を図る神戸をいなしながら、ボランチで起用された遠藤が巧みにゲームをコントロール。敵将の吉田監督が「ガンバの力強さ、上手さ、賢さを感じた」と振り返ったが、横綱相撲で神戸を振り切り、試合巧者ぶりを見せつけた。
「集中してゼロに抑えて、2点を取って、次のラウンドに進めたことは本当に選手が良く頑張ってくれた」(長谷川監督)。3年ぶりのタイトル奪回に向けて、ガンバは最初のハードルを危なげなく飛び切った。