ガンバ大阪
  • Panasonic
  • ロート製薬株式会社
  • umbro
  • SHIP HEALTHCARE
  • 大建工業株式会社
  • TOYO TIRES
  • セブン-イレブン
  • 大阪国際大学
  • スポーツオーソリティ
  • 追手門学院大学
  • 朝日新聞

GAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITEGAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITE

ニュース

一つ前のニュース

2017.10.20[チーム]

Powered by GAMBAplus

2017.10.22(日) 13:00~ 明治安田生命J3リーグ 第28節 △0-0 鳥取@チュスタ
[プレビュー]髙江・一美が語るJ3第28節 vs 鳥取 ― ホームでの借りを返したい鳥取戦。若き力の結集で連敗脱出へ

一つ後のニュース

鳥取戦を前に「このままでは僕らもシーズンを終われない。次こそは連敗を止める」と強い気持ちを言葉にした食野。
前節、福島に敗れ、8連敗中のガンバ大阪U-23だが、福島戦では随所でガンバらしいパスワークを披露し、先制点。「ユースの選手が多いので、ボール回しに関しては共通意識を持ててやれている」(食野)とチームの良さを随所で発揮し始めている。

だからこそ鳥取戦で問われるのはゴール前の攻防の質だ。「決め切る強さと守りでも踏ん張る粘りが欠けていた」と高江が振り返るようにゴール前での個の力は不可決。「僕や麗央君、一美君が攻撃陣を引っ張りたい」と食野が言うように昨年からJ3を経験している選手たちの個の力で鳥取を撃破したい。

ホームの対戦では0対2で敗れている鳥取だが、現在クラブワーストタイとなる7連敗中だ。ボールをつなぐサッカーを志向する森岡監督だが、若きガンバが目指す連動した守備からのショートカウンターには相性がいい相手でもある。
2試合連続で得点を決めている白井も「試合中は常にシュートを意識している」とキッパリ。ホームで敗れた借りを返し、今度こそ連敗にピリオドを打つ。若きガンバの真価と成長をアウェイの地で見せつけたい。

MF44 髙江麗央「福島戦は敗れはしましたけど、良かった部分は継続するつもりです。ただ細かいミスも出ているので、そこは修正材料です。僕と食野が絡む左サイドでチャンスは作れると思いますが、決められるチャンスで決めないと、前節のような結果になってしまう。次こそは僕もしっかりとチャンスを決め切るつもりです。
鳥取戦でポイントになるのはやはりミスを減らすことと決定機を確実にモノにすることです。僕個人はウイングバックのポジションでもやり易さを感じていますし、ゴール前に絡むことを監督から求められている。その役割をこなしたいですね。」

FW33 一美和成「今はユースの選手も数多く試合に出ていますが、福島戦のようにしっかりとボールを回すことが出来ているのは手応えと収穫です。後はチームとしてゴールを奪うだけなので、FWの僕が上手くボールを引き出す動きとか、起点になる動きをしたいですね。
今の状況でチームを引っ張って行くのはやはり、プロの僕たちですし、ユースの選手に負けてはいられないという気持ちも鳥取戦では出したい。ホームでは負けましたが、鳥取は勝てない相手ではないので結果を出すつもりです。連敗が続いているので責任感を感じますし、次こそは僕が点を取って勝ちたいです。」